MUSIC 2019.07.12

Ms.OOJA最新アルバムに、コブクロ・小渕健太郎が楽曲提供!

聴く人にヒーリング効果を与える声と言われている「1/fのゆらぎ」のシルキーボイスを持つ、シンガーソングライター"Ms.OOJA”

この度、8月7日(水)に発売となるMs.OOJAの1年半ぶりのオリジナルアルバム「SHINE」の収録曲に、コブクロの小渕健太郎より楽曲提供がされた。

かねてよりコブクロの楽曲が好きでよく聞いていたというMs.OOJAは、数年前より小渕健太郎氏からの楽曲提供を熱望しており、今回長年の念願が叶った。

 
提供楽曲「WAY YOU ARE with 小渕健太郎」は、作詞・作曲・編曲、更にレコーディングからトラックダウンまでを小渕健太郎自らが手掛けた完全プロデュース曲であり、アコースティックギター、コーラス、フィンガースナップは小渕本人も実演参加している1曲。

今回の楽曲提供に際し、小渕健太郎とMs.OOJAは次のようにコメントが寄せられた。

 

■小渕健太郎 コメント
今回、アルバム「SHINE」の中の楽曲「WAY YOU ARE」を作詞作曲・プロデュースをさせていただきました、コブクロの小渕健太郎です。以前からMs.OOJAさんとは、お互いのコンサートに足を運んだりと音楽的交流もあったので、とても楽しく制作できました。とにかく、随一の声の魅力溢れる女性シンガーであり、沢山の素晴らしい楽曲をお持ちの方です。
今回は、「ライブで楽しく盛り上がれるような元気な楽曲を!」というリクエストもあり、以前「Billboard TOKYO」で拝見したコンサートの様子を思い出しながら作りました。
制作中、Ms.OOJAさんがヨーロッパを旅をされており、その中で感じた事などもリアルタイムでメールで貰ったりしながらの作詞でした。
「あなたは、あなたのままで=WAY YOU ARE」というメッセージは、広く大きなこの世界の中で、日々を自分らしく生きるバランスに必要な気持ちや、それを支える明るく小さなお守りの様なイメージで描きました。
優しさと等しく、強いエネルギーを持ち合わせたMs.OOJAさんの歌声や生き方からヒントを得て書いた楽曲なので、ファンの皆さんにも届くと嬉しいなと思います。


■Ms.OOJA コメント 
出会ったきっかけは7年ほど前、共通の知人を通してお会いしました。
「流星」、「蕾」、「エール」など昔から聴いていた大好きな曲を歌う小渕さんにお会いできた事だけでも嬉しかったのに、すごく気さくに音楽の話などもしてくださって感動しました。それからもお会いする機会を何度か頂いて、音楽に対する姿勢、曲へのこだわり、プロデュース力の高さ。そしてファンの方や周りの方に対する優しさと気配りにもいつも勉強させて頂いていました。更に、嬉しい事に私の歌声も大好きだとおっしゃってくれて、ライブにも来てくださったり「いつか小渕さんに曲を書いて頂きたい!」と言う願いを、願うだけでなく厚かましくも直接伝え続けていました。そしてそれが遂に今回実現したんです。小渕さんの優しさ(涙)

小渕さんに書き下ろして頂いた楽曲は「未来」を始め、コブクロさんが歌う応援歌が本当に私の心に響いていたこともあってライブでみんなで盛り上がれて、一緒に歌って楽しくなって、元気になれる曲「応援歌」をコンセプトに作って頂きました。なんどもディスカッションをして、私の思いを聞いてくれたり書き下ろしだけどとことん寄り添った曲作りをしてくださりました。日々の心の葛藤などを乗り越えていく術が、楽しい曲調の中に随所に書かれていて絶対歌い終わったら明日へのパワーが湧いてくる事間違いなしです!実際、レコーディングしている最中から歌っている私が凄く楽しかったのでライブで歌う時が楽しくなり過ぎてしまうのが心配なくらいです!

そして、ほぼすべての音を錚々たるミュージシャンの皆さんに演奏頂き、更に小渕さんはアコギとコーラスに加え、冒頭から聞こえるフィンガースナップまで小渕さんの指で奏でて頂きました。LIVEでは全員で大合唱したいです!



Ms.OOJAのオフィシャルYouTubeチャンネルには音源・Music Videoの公開に先駆け、「WAY YOU ARE with 小渕健太郎」のティザーも公開されているので、こちらも是非ともチェックしてほしい。!





なお、Ms.OOJAは8月7日(水)のアルバム「SHINE」発売当日に、東京・羽田空港にあるLive & Restaurant LDH kitchen THE TOKYO HANEDAにてニューアルバムの発売記念して一夜限りのスペシャルライブ「Ms.OOJA AL『SHINE』release live@LDH kitchen」を開催、最新アルバム「SHINE」の収録曲を中心に、この日限りのスペシャルライブとなっている。
ライブの詳細はMs.OOJAオフィシャルHPを確認ください!

公式サイト : http://msooja.jp


 

■Ms.OOJAプロフィール



Ms.OOJA (ミス オオジャ) 三重県出身。 (三重県観光大使、四日市観光大使を兼任 )
2011 年2月16 日、Single「It‘s OK」でユニバーサル シグマよりメジャーデビュー。
翌2012 年早々、仲間由紀恵主演の TBS 系金曜ドラマ「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」主題歌に5th Single「Be...」が大抜擢。この曲は全国テレビ・ラジオ 50 局でパワープレイを獲得、レコチョク2012 年上半期ランキグ4冠獲得、配信合計100万ダウンロードを超える大ヒットを記録。ヒット曲「Be...」が収録された 2nd Album「HEART」は、オリコンアルバムデイリーチャート初登場1位を獲得し、10万枚を突破。 その後、シングルに収録してきた自身のライフワークとも言えるカバー曲を、自身が青春時代に聴いた名曲をセレクトした泣けるラブソングカバーアルム「WOMAN -Love Song Covers-」「MAN −Love Song Covers 2−」「THE HITS ~NO.1 SONG COVERS~」を発表。

圧倒的な Ms.OOJAの歌唱力は宇多田ヒカルや美空ひばりも同じ特性を持つ、人にヒーリング効果を与える声と言われている「1/fのゆらぎ」のシルキーボイスを持ち、「この声が、明日のあなたをつくる」をテーマに掲げ、強さ、凛々しさをコンセプトとした楽曲制作、LIVE活動を展開。

2018年10月24日にover30代の今を強く行きぬくジャンルを越えた同世代女性著名人との対談を元に、リアルストーリーを歌詞に乗せ、Ms.OOJAが歌う。女性クリエーターで創りあげたコンセプトミニアルバム「Stories」をリリース。



ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
EVENT 2019.08.26

お寺でダンスミュージックに酔いしれる斬新な音楽フェス「煩悩 #BornNow」が渋谷で初開催決定!

「煩悩 #BornNow」は、2016年にスタートして今年で4年目。HIPHOPや四つ打ちなどのダンスミュージックをメインとした音楽フェス。"パーティーのフロアに立って好きな音楽に体を揺らし、『今、自分はここに存在する』ということを自覚した瞬間、僕たちはここに〈生まれる〉" というコンセプトから「煩悩 #BornNow」と名付けられ、過去には東京都文京区、神奈川県鎌倉市、千葉県松戸市のお寺で開催、多くの音楽ファンを魅了してきた。 その斬新な企画性と社会的意義が認められ、今年度はAbemaTVで配信されているバラエティ番組「10億円会議 supported by 日本財団」にて、Zeebraなど審査員らの賛同のもと、第一弾助成金交付プロジェクトとして採択。一般社団法人渋谷未来デザインの後援のもと、「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」と連携して開催される。 待望の渋⾕初上陸となる「煩悩 #BornNow 2019」のテーマは "夢うつつ"。東京を拠点に活動するハウスミュージック・ コレクティヴ/パーティー〈CYK〉に所属する・Kotsuや、『(495)367-2945』のPVを〈tokyovitamin〉からリリー スしたばかりの⾳楽プロデューサー/DJ・LITTLE DEAD GIRLなど、シーンの「今

…もっと見る

MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る