CINEMA 2019.07.03

最恐のサプライズ・スリラーが、”わたしたち”のもとへ忍び寄る!映画『アス』が9月に日本上陸!

『ゲット・アウト』でアカデミー賞®脚本賞を受賞した、ジョーダン・ピール監督最新作『アス』が、
9月8日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他、全国でロードショーされる。

『ゲット・アウト』は、映画開始からじわじわと感じる違和感が、ストーリーが進むにつれてどんどんと加速していく。
観終わった後の何とも言えない気味の悪さは、今なお忘れることが出来ない。筆者にとっては衝撃的な作品でした。
そんな鬼才ジョーダン・ピール監督より贈りだされた本作は、一体どんなものに仕上がっているのだろうか?



先日公開された日本版予告編では、早くも恐怖の渦の中へ引きずり込まれる・・・。
突然現れた、自分たちにそっくりな謎の4人組、「お前らは誰だ?」と問うが答えはない。
そう、それは紛れもなく”Us(わたしたち)”なのだから。



全米では初登場でNo.1の大ヒット、さらには米映画レビューサイトでも94%の人々が大絶賛。
2019年、また新たに映画の歴史を塗り替えるサプライズ・スリラーが日本に上陸する!

最恐が、”わたしたち”のもとへやってくる。
ぜひ劇場で、驚愕の結末を目撃しよう!

公式HP : https://usmovie.jp



映画『アス』 あらすじ


“わたしたち”がやってくる
1986年、カリフォルニア州サンタクルーズ。
子供だったアデレードは両親とビーチにある遊園地へ出掛けるが、ふとしたきっかけで迷子になってしまう。
いつの間にか、“ビジョン・クエスト”という名前のミラー・ハウスに迷い込むアデレード。
しかし、鏡の迷路に映っていたのは自分ではなく、自分とそっくりな少女だった・・・。

そして現在、大人になったアデレード(ルピタ・ニョンゴ)は夫のゲイブ(ウィンストン・デューク)、
娘のゾーラ(シャハディ・ライト・ジョセフ)、息子のジェイソン(エヴァン・アレックス)と共に夏休みを過ごす為、
幼少期に住んでいたサンタクルーズの家を訪れる。
早速、友人夫婦のキティ(エリザベス・モス)とジョシュ(ティム・ハイデッカー)、
双子姉妹のベッカ(カリ・シェルドン)とリンジー(ノエル・シェルドン)と一緒にビーチへ行くが、
目を離した隙にジェイソンを見失ってしまう。
幾つもの不気味な偶然に見舞われた事で、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックするアデレード。

やがて、無事にジェイソンを発見するが、“何かがおかしい”と感じ始め、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていく。
その夜、家の前に自分達とそっくりな“わたしたち”がやってくる・・・。

監督・脚本・製作:ジョーダン・ピール
製作      :ジェイソン・ブラム
出演      :ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー
         シャハディ・ライト・ジョセフ、エヴァン・アレックス、カリ・シェルドン、ノエル・シェルドン

製作年:2019年/製作国:アメリカ/上映時間:116分/原題:Us/英語/R15+
ユニバーサル映画
配給        : 東宝東和 
作品・映像クレジット: ©2018 UNIVERSAL STUDIOS
画像クレジット   : ©Universal Pictures
公式HP        : https://usmovie.jp
公式ツイッター   : https://twitter.com/usmoviejp
公式フェイスブック : https://www.facebook.com/usmoviejp





ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る