MAGAZINE 2019.07.01

週刊少年チャンピオンがまもなく創刊50周年!記念企画が続々とスタート!

「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」の内容が決定!


1969年7月15日の創刊から今年で50周年を迎え、これまで数々の名作品を世に送り出してきた『週刊少年チャンピオン』(編集長:武川新吾)が、”「必死こいて半世紀」”をキャッチフレーズに、ファンに向けてこれまでの感謝の思いを込めた「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」を実施している。

創刊50周年記念日である2019年7月15日(月・祝)に秋葉原UDXギャラリーで、記念企画の集大成として開催するイベント「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」(略称「創刊50周年大感謝祭」)の展示内容が決定した。

「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」に先立って実施した「セレクトマニフェスト」で、全13作品の作家が掲げた3つのマニフェストのうち、最も投票数の多かったマニフェストや、「ドリームプロジェクト」でクラウドファンディングを実施して募った資金で、みんなの夢を実現した「弱虫ペダル(渡辺航先生)」、「バキ道(板垣恵介先生)」、「吸血鬼すぐ死ぬ(盆ノ木至先生)」の展示物がある他、現在制作中の「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」(車田正美先生)に登場する十三番目の”黄金聖衣”の等身大立像などをお披露目される。

筆者は今でも毎週読者として連載を心待ちにしている身としては、この展示会には楽しみで仕方がない。
 

太っ腹なタダ読みスペースが登場!?「どっぷりタダ読み!チャンピオンSTATION」


さらにファン必見の情報なのだが、より「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」を盛り上げるため、「どっぷりタダ読み!チャンピオンSTATION」(略称「チャンピオンSTATION」)を、2019年7月8日(月)~7月14日(日)に、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードで実施される。

「チャンピオンSTATION」とは、表紙とともに、キャラクターや週刊少年チャンピオンの想いがデザインされた壁や、チャンピオンロゴで構成された「特製チャンピオンシート」に座って、チャンピオンの世界観に浸りながら最新号を無料で読むことができるスポットのことだ。
なんということでしょう、こんな素敵スペースが出現するとは・・・ここに立ち寄らずしてチャンピオン読者と言えるのだろうか?

その他にも「週刊少年チャンピオン」の表紙の中に入って撮影できる、週刊少年チャンピオン表紙型フォトスポットもあるので、帰る際に記念撮影も忘れずに撮っていただきたい。

なお、当日現場のスタッフさんは刃牙の花山薫や弱虫ペダルの小野田坂道などの人気キャラクターに扮してお出迎えしてくれるそうだ。
興奮のあまり騒ぎすぎると、もしかしたら花山の握撃を食らわされることになるかもしれない。その点は注意しよう!
 

■「週刊少年チャンピオン 創刊50 周年大感謝祭」 開催概要


・日時:2019 年7 月15 日(月・祝日) 11:00~18:00
・場所:秋葉原UDX ギャラリー(東京都千代田区外神田4-14-1)
・内容:「セレクトマニフェスト」各作家投票1 位マニフェストのお披露目
    「ドリームプロジェクト」作家の夢のお披露目
    「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」に登場する
    「蛇遣座」の”黄金聖衣”の等身大立像をお披露目
    「チャリティーオークション」結果ボード
     歴代の「週刊少年チャンピオン」50 冊の表紙を展示
     来場者がメッセージを自由に書き込める「メッセージボード」を設置
     ※展示物はすべて撮影が可能です。
     ※内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・入場料:無料

展示物の詳細などは、公式HPを確認ください。
「週刊少年チャンピオン 創刊50 周年大感謝祭」特設ページ:https://weeklychamp.com/event/
 

■「どっぷりタダ読み!チャンピオンSTATION」 開催概要

・日時:2019 年7 月8 日(月)~7 月14 日(日) 10:00~17:00
・場所:東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード
・内容:週刊少年チャンピオン試し読みブース
    巨大週刊少年チャンピオンフォトスポット
    ▼50 年間の週刊少年チャンピオンの表紙が並ぶ「試し読みブース」
    50 年間の週刊少年チャンピオンの歴代表紙を振り返りながら、最新号の本誌を試し読みできるスポットです。
    表紙とともに、キャラクターや週刊少年チャンピオンの想いがデザインされた壁や、
    チャンピオンロゴで構成された「特製チャンピオンシート」に座って、
    チャンピオンの世界観に浸りながら読むことができます。

    ▼週刊少年チャンピオンの中に入れる!?「巨大週刊少年チャンピオンフォトスポット」
     創刊50 周年を記念して、「週刊少年チャンピオン」の表紙の中に入れるフォトスポットを設置します。
     人気キャラクターに囲まれて、自分が表紙を飾る“巨大週刊少年チャンピオン”を撮影できます。

    ▼スタッフはあの作品のコスチュームでお出迎え当日のスタッフは、
     「グラップラー刃牙」(板垣恵介先生)の花山薫、
     「弱虫ペダル」(渡辺航先生)の小野田坂道などのコスチュームでお出迎えします。
    ※「チャンピオンSTATION」に関する、駅、係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

 

■週刊少年チャンピオンについて


週刊少年チャンピオンは1969 年7 月15 日に隔週誌「少年チャンピオン」として創刊し、1970 年6月24 日より50 年間発行を続ける週刊少年漫画雑誌。黄色と黒のチェッカーフラッグ柄のシルクハットにヒゲがトレードマークの「少チャン」がマスコットキャラクター。他の週刊少年誌と比較して、自由な作風と特徴ある作品が生まれやすく、作家の意向が強く反映された作品が多い。代表作に初期に「ブラック・ジャック」、「ドカベン」、「魔太郎がくる!!」、「バビル2世」、「キューティーハニー」、「恐怖新聞」、「がきデカ」、「マカロニほうれん荘」、「750 ライダー」、「エコエコアザラク」。そして、90 年代では「グラップラー刃牙」などの「刃牙シリーズ」、「浦安鉄筋家族」などの「浦安鉄筋家族シリーズ」が25 年を越えて連載され、「シャカリキ!」、「フルアヘッド!ココ」、「覚悟のススメ」を連載。そして2000 年に入ってからは「弱虫ペダル」をはじめ、「聖闘士星矢NEXT DIMENSION 冥王神話」、「侵略!イカ娘」、「みつどもえ」、「吸血鬼すぐ死ぬ」、「実は私は」、「クローバー」、「シュガーレス」、「六道の悪女たち」、「魔入りました!入間くん」、「ANGEL VOICE」、「ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~」、「BEASTARS」などを連載。2019 年に迎えた創刊50 周年では「必死こいて半世紀」と題し、誌面でも歴史を振り返る企画を実施。「レジェンドインタビュー」と題し、過去の連載作家へのインタビューやリバイバル掲載企画では連載当時の代表エピソード1話を再掲載。7 月の創刊月には、様々な記念企画が盛りだくさんの創刊記念号も発売になる。


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
ANIMATION 2019.08.21

羽生結弦が『弱虫ペダル』の名物キャラ達と一緒にサイクリング! 夢のコラボイラストが掲示

「ツール・ド・東北」とコラボレーションする『弱虫ペダル』のスペシャルグラフィックに、今年はツール・ド・東北フレンズとして大会を応援しているフィギュアスケーターの羽生結弦がアニメイラストとなって登場。2019年8月26日(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅および東京メトロ半蔵門線渋谷駅、仙台市地下鉄仙台駅にて順次公開される。 スペシャルグラフィックは計9種類のうち5種類に羽生が描かれており、「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを舞台にしたリアルで美しい自然などを背景に、主人公の小野田坂道をはじめとした『弱虫ペダル』のキャラクター達と共に、ポール・スミスデザインの「ツール・ド・東北 2019」オフィシャル・サイクルジャージを着用して、自転車で走行する姿や休憩する姿など、東北の現状や魅力を感じていただけるデザインだ。 原作者の渡辺航は、「東北の復興が少しでも進むことを願っています。皆さんも是非、自転車で町や自然、空気、人々の温かさを肌で感じて下さい!」と、喜びのコメントを寄せている。 さらに、今回のコラボレーションに原

…もっと見る