EVENT 2019.10.15

毎年恒例の年越しオーケストラコンサート今年も開催!『横浜みなとみらいホール ジルヴェスターコンサート2019-2020』

年末恒例の人気コンサート『横浜みなとみらいホール ジルヴェスターコンサート』が今年も年越しに合わせて12月31日(火)に開催される。

首都圏のオーケストラや演奏団体の演奏家たちが、一夜だけのヴィルトゥオーゾ・オーケストラを結成。それぞれがソリストとしても活躍する一流演奏家たちが集まる『横浜みなとみらいホール ジルヴェスターオーケストラ』。横浜みなとみらいホールでしか聴けない、スペシャル・オーケストラによる豊潤な響きで、新年を迎えてみては。

行く年、来る年がアニバーサリーイヤーにあたる作曲家の作品を中心に選曲するのも、本公演の特色。今年のカウントダウン曲は、2020年に生誕160周年を迎えるチャイコフスキーの「交響曲第5番」より第4楽章。劇的な盛り上がりのある曲で、0時00分の年明けに向けて演奏するという、スリリングなカウントダウンの瞬間も注目だ。
 
【開催概要】
■公演名:横浜みなとみらいホール ジルヴェスターコンサート 2019-2020
■日 時:2019年12月31日(火) 21:00開演(20:20開場)/0:20頃終演予定
     ※20:30頃よりロビーコンサートを予定。
■会 場:横浜みなとみらいホール 大ホール

■出 演:池辺晋一郎(音楽監督)、飯森範親(指揮)
     徳永二男(エグゼクティブ・ディレクター)、朝岡 聡(司会)
     中嶋彰子(ソプラノ)、城 宏憲(テノール)
     田部京子(ピアノ)、荒井里桜(ヴァイオリン)、上野由恵(フルート)、浅間信慶(オーボエ)
     浅井美紀(オルガン)
     横浜みなとみらいホール ジルヴェスターオーケストラ(管弦楽)

■曲 目:2019年・2020年にちなんだ名曲の数々
     池辺晋一郎:ヨコハマファンファーレ、J.S.バッハ/池辺編:幻想曲、
     メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲より、シューマン:ピアノ協奏曲より
     【カウントダウン曲】チャイコフスキー:交響曲第5番より第4楽章      他

■料 金:全席指定 S席11,000円 A席9,000円 B席7,500円 C席6,000円
     学生・65歳以上の方・障がい者手帳をお持ちの方 各席種5%割引
     ※チケット好評発売中

■主 催:横浜みなとみらいホール(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
■協 賛:セイコーホールディングス株式会社

■URL:https://mmh.yafjp.org/mmh/recommend/2019/12/post-310.php

【お問合せ先】
横浜みなとみらいホールチケットセンター TEL:045-682-2000(10:00-17:00)

ライター:目黒 晴彦(YES!!!!編集部)
 
EVENT 2019.10.08

毎年人気の 横浜赤レンガ倉庫 期間限定スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」今年も開催!

横浜の冬を彩るイベントとして2005年から始まった「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」は、毎年多彩なアーティストが繰り広げるアートとアイススケートのコラボレーションを実施。今年で15回目を迎える今シーズンは、雑誌「ビッグイシュー日本版」に登場する可愛らしいキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親であるタイのアーティスト、ウィスット・ポンニミット氏がスケートリンクの空間を演出する。ポップでレトロな印象の、優しい雰囲気で心温まる作品が、『アートリンク』の新たな1ページを彩る。 今年は11月30日(土)~2020年2月16日(日)までの全 79日間の開催だ。 詳細は公式HPにて。 ■ウィスット・ポンニミット氏のコメント アートリンク、大きいね! みんながワクワクしてスケートしてるの想像してみたらカラフルな気持ちになるしかなかった。 マムアンちゃん一人ではものたりないからカラフルにたくさんのマムアンちゃんを描きました。 しかし、自分で描いたのに描きすぎてマムアンちゃんを何人描いたか忘れちゃった。 よかったら気をつけて数えてみてね!   ■テーマ SWEETS ICE RINK~あまいもの大好きスケートリンク~   alt="" height="210" src="/upload/images/sub2%2831%29.jpg" width="280" /> ■ウィスット・ポンニミット 1976年、タイ・バンコク生まれ。愛称はタム。1998年バンコクでマンガ家としてデビューし、2003年から2006年まで神戸に滞在。2009年『ヒーシー

…もっと見る

EVENT 2019.09.10

総動員数19万人!悶絶から美臭まで 嗅覚で楽しむ話題の体験・参加型イベント「におい展」が関東初上陸!

『におい展』は、2016年度の初開催で話題になり、世界一臭い食べ物と言われるニシンの缶詰「シュールストレミング」や、 そのニオイで電車をストップさせたこともある「臭豆腐」などの激臭アイテムまで、 普段なかなかニオイを直接確かめる機会のないもののニオイを実際に嗅いでもらう、 今までにありそうで無かった“嗅覚”で楽しむ体験・参加型のイベントだ。これまで総動員数19万人を超える。 資生堂生が 2018年10月に発表した「ストレス臭」が、今年開催された『におい展』仙台・楽天生命パーク宮城内イーグルスドームにて日本初展示され、 多くの人を驚愕させた。 そんな「ストレス臭」をひっさげ、 「におい展」が2019年9月14日(土) ~2019年12月8日(日)の期間限定で、マークイズ横浜に関東初上陸する。 ※ストレス臭とは? 面接、 試験、 プレゼンテーション、 スピーチ、 初対面の対話など心理的に心拍数が上がるような緊張・ストレス状況下で、 特徴的な成分を含んだニオイを『ストレス臭』として資生堂がそのメカニズム特定。 2018年秋に発表。 世界一臭い食べ物の臭いは?ストレス臭とは実際どんな臭いなのか?また、横浜会場でしか嗅ぐことのできない、ご当地のにおいや武将のにおい など、

…もっと見る

EVENT 2019.07.22

この夏 横浜みなとみらい21に光るピカチュウが大量発生!?「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」開催!

横浜みなとみらい21では、この夏、子供から大人まで楽しめる4つの大きなイベントが開催される。2019年は主要イベントが夜になりナイトタイムも楽しめる「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」、8月に横浜で開催する第7回アフリカ開発会議にあわせ、アフリカの文化や生活、音楽等が体感できる「アフリカヘリテイジフェスティバルin西区」、神輿渡御や縁日が楽しめる「グランモール公園夏祭り」、みなとみらい夏の風物詩「みなとみらい大盆踊り」等、夏イベントを順次開催し、夏のみなとみらいを盛り上げていく。   ★「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」 alt="" height="518" src="/upload/images/img_189036_3.jpg" width="917" /> 横浜の街を舞台にピカチュウが大量発生する大規模イベント、「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」が、2019年8月6日(火)~12日(月・振休)、みなとみらいエリア一帯で開催される。2019年は、主要なイベントが夜の開催になり、赤レンガパークではベイブリッジの夜景を背景に噴水を活用したパフォーマンス、臨港パークでは総勢50匹のピカチュウによる史上最大級のパフォーマンスが行われる。また、グランモール公園では、横浜美術館全体にプロジェクションマッピングを投影し、LEDをあしらったピカチュウたちが登場し、様変わりしたピカチュウたちのパフォーマンスを楽しむ事ができる。 イベント詳細URL: https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_event/ 【開催概要】 ■名称:ピカチ

…もっと見る