CINEMA 2019.10.11

【レビュー】誰もビートルズを知らない世界があったとしたら?映画『イエスタデイ』から教わる本当に大切なモノ

世界全体を覆った謎の短い停電が明けると、世界からビートルズの痕跡が消え失せて、主人公だけがその存在と歌を知っている異世界に変貌していた。

『ラブ・アクチュアリー』や『アバウト・タイム』で知られるリチャード・カーティス(脚本)と『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル(監督)がタッグを組んで描くのは、人類の遺産ビートルズの曲を通して描く、存在して当たり前と思っているモノに対する深い愛。

当たり前じゃない世界を通して、当たり前のものの大切さを浮かび上がらせる温故知新の題材として、ビートルズはまさにぴったり。

映画の中の人たちと同じように、初めてそれを聴くかのように聴くビートルズの名曲は、想像以上に心の奥に染み渡る。

この世界から"○○が無かったら?"というプロットは、何気に本当に大切なものを教えてくれる。そして、物語のアイデアの宝庫かもしれない。

 

映画『イエスタデイ』 あらすじ


“イエスタデイ<昨日>”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ・・・ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった!ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが・・・。

■監督:ダニー・ボイル
■脚本:リチャード・カーティス
■製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー
    リチャード・カーティス、ダニー・ボイル/製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
■出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン
■配給宣伝:東宝東和

©Universal Pictures


ライター:毘沙門天 華男(フリーライター)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る