CINEMA 2019.10.07

【レビュー】是枝裕和監督の最新作『真実』、ワガママでいてキュートなカトリーヌ・ドヌーヴに魅了される

「万引き家族」のカンヌ・パルムドール受賞の興奮が記憶に新しい中、今確実に世界の注目を受けている我らが是枝監督の最新作『真実』。

本作ではなんとフランスの大女優、カトリーヌ・ドヌーヴを堂々たる主役に据え、脇をジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークという紛れもない名優でしっかりと固めた「家族」に関するドラマ。

フランスの国民的女優ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)が自伝を執筆、当然に本の内容に関心を寄せるのは、女優を諦めて脚本家の道を歩む娘リュミール(ジュリエット・ビノシュ)、アメリカのテレビ俳優を職とする娘婿ハンク(イーサン・ホーク)。
これにかわいい孫娘シャルロットを加え、3人の一家が渡仏して出版記念を理由に集まれば、ファビエンヌの今の交際相手と元夫、信頼の厚い長年の秘書リュックらも巻き込んで、自伝の内容が次々と問題に。

ファビエンヌが出演する劇中劇の進行とともに、自伝に書かれた"事実"と"真実"の異同が次第にあぶり出されていく――。

果たして赤裸々に愛憎をぶつけ合う家族たちが辿る結末とは?・・・と言ってしまうと、重たい家族の群像劇のように聞こえるが、とにかく物語のトーンが決定的に軽いので、心が沈んでしまうどころか揉めてる家族を覗き見たような感覚で、どこかワクワクしてしまう。

これだけの豪華キャストを揃えながら、是枝監督の演出には一切の違和感が感じられないから、これは本当に見事というしかない。

親近感溢れる登場人物たちがファビエンヌに対し喜怒哀楽を示してみせる度に、ファビエンヌ自身の毒舌、プライド、葛藤、愛憎といった人物をかたどる輪郭がよりくっきりと浮かび上がっていく。

実際に近くにいたらそれこそ厄介極まりないファビエンヌのキャラクターも何故かどこまでも憎むことができないのは、徹底して軽いテイストの会話劇を演出してみせた是枝監督の手腕と、カトリーヌ・ドヌーヴの存在感と演技の賜物かと。

『シェルブールの雨傘』から『インドシナ』、近年の『8人の女たち』まで、魅力的なドヌーヴはこれまで何度も作品に現れてきたけれど、これほどにワガママではた迷惑なのにキュートで放っておけないドヌーヴにお目にかかったのは初めてかもしれない。  

ファビエンヌが娘と正面から口喧嘩するのも、孫娘と子供っぽく戯れるのも、どちらも彼女自身の本性であり、女優または人間としての魅力そのものである。

クスクスと笑ってしまうほどに、面白いキャラたちの軽妙なやり取りはいつまでも飽きることなく、作品が終わってしまえば、2つとない魅力的なホストファミリーの家に数日間居候させてもらったような、穏やかで楽しい気分に浸ることができるはず。
 

『真実』 あらすじ


全ての始まりは、国民的大女優が出した【真実】という名の自伝本。
出版祝いに集まった家族たちは、綴られなかった母と娘の<真実>をやがて知ることになる――。
国民的大女優ファビエンヌが自伝本【真実】を出版。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール、テレビ俳優の娘婿ハンク、ふたりの娘のシャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書……お祝いと称して、集まった家族の気がかりはただ1つ。「一体彼女はなにを綴ったのか?」
そしてこの自伝は、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く「真実」をも露わにしていき――。

■監督・脚本・編集:是枝裕和 
■出演:カトリーヌ・ドヌーヴ『シェルブールの雨傘』/ジュリエット・ビノシュ『ポンヌフの恋人』
    イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』/リュディヴィーヌ・サニエ『8人の女たち』
■配給:ギャガ
■10月11日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA


ライター:毘沙門天 華男(フリーライター)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る