OTHER 2019.10.07

新しい自分に出会えるきっかけを!『Life with FUKUSHIMA』で地方移住を考えてみる

どうも、YES!!!!編集部のコヤマです。

最近筆者の知人で、いわゆる「Uターン」や「Iターン」として地方へ移住している人が増えている。移住先で転職する者もいれば、リモートワークで働いていたりと様々だ。

ときどき都内に戻ってくる彼らと会った際、各地方によって多少のメリットやデメリットの差はあれど、それぞれが新生活を満喫しているようだ。

共通していることは、やはり住居や生活コストを抑えることができる点が大きい。中には家族単位で移住した人もいて、都会にはない自然の中で過ごすことで、子供たちの表情にも変化があったという声もあった。

色々と聞いていると、筆者も興味をそそられるものの、一度移住してしまった後に"やっぱり戻ろう"とは簡単にいかないものだ。そこでリサーチしたところ、各都道府県で様々な施策はある中で、特に福島県の企画が面白かったので紹介しよう。

 

『Life with FUKUSHIMA』でまずは現地へ行ってみる!


『Life with FUKUSHIMA』とは、福島県外で働く概ね20~40代の人向けに、県内各地のキープレイヤーと交流する2泊3日の交流体験バスツアーや、受入先の企業と共に課題解決に取る組む1週間程度の就業体験プログラムなど、福島県で新たなライフスタイルを始めたい人向けの企画だ。

2泊3日の交流体験バスツアーでは、県内7つのエリア(県北、県中、県南、会津、南会津、相双、いわき)毎に、県内で活躍している人々との交流や地域の課題解決型ワークショップ・イベントへ参加など、短い時間ながら福島県を身近に感じることが出来るのではないだろうか。

それでは物足りない!という人には、就業体験として1週間程度滞在できるプログラムも用意されている。各企業が抱える課題を一緒に考えることで、濃密な日々を過ごせるはず。

移住を考えているがなかなかきっかけが無いという人にとって、自分の目で見て体験できるこの機会を利用してみてはいかがだろうか?これまでにない繋がりや、新しい自分に出会えるチャンスかもしれない。

詳細については公式サイトをチェックしてみよう。


ライター:コヤマ ムサシ(YES!!!!編集部)