CINEMA 2019.06.27

急げ!原宿にMCU最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の映画コスチュームが来日中!

ついに明日から、日本が世界最速で公開となる最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(原題:Spider-Man:Far From Home)』!
MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズのフェーズ3完結作である本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』での出来事の後に永遠に変わってしまった世界が舞台だ。

インフィニティ―ウォー、エンドゲームと数々の闘いの中でヒーローとして成長したピーター・パーカー。
“親愛なる隣人”であるスパイダーマンが、ヒーローの師匠であるアイアンマンの“鉄の意志”を継ぎ、<真のヒーロー>になる為に新たな脅威に挑むこの夏最大の話題作である。

そして本作の公開を記念し、原宿「トイサピエンス」で【 スパイダーマン エクスクルーシブ・ストア ジャパンツアー 】を、2019年6月24日 (月) ~ 8月12日 (月・祝)の期間限定、入場無料にてオープンしている。



期間中の目玉として、MCU作品初参戦となる、ジェイク・ギレンホールが演じる謎多き新ヒーローとしてミステリオ(=クウェンティン・ベック)の劇中着用衣装が世界最速で展示されている。
このスーツは、コミックブックのミステリオや、アイアンマン、ビジョン、ドクター・ストレンジ、マイティ・ソーなどのMCUキャラクターたちへのオマージュとなっており、前腕につける腕甲や、コミックブックに描かれたミステリオに忠実に作られたグリッドパターンについてジェイク・ギレンホールも言及するなどそのクオリティの高さに心躍ること間違いないだろう。



さらに、今作の舞台がヨーロッパという事もあり、ピーター・パーカーがスパイダーマンであることを悟られずに活動できるよう、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が彼に与えた黒一色のステルス・スーツも展示されている。
このほかにも、従来のスパイダーマンスーツに加え、実際にキャストたちが着用した6点の衣装を間近で見ることができる貴重な機会となっているので、MCUファンとしては自らの眼で心に焼き付けてみてはいかがだろうか。

その世界観の果ては誰にも想像がつかないMCUシリーズ、フェーズ4への高まる期待とワクワクは抑えられない。
貴重なこの機会にぜひ足を運んでみてほしい。

 

■スパイダーマン エクスクルーシブ・ストア ジャパンツアー

【 開催期間 】
2019年6月24日(月)〜2019年8月12日(月・祝)
OPEN 11:00 / CLOSE 19:00 (LAST IN 18:30)※入場無料

【 開催場所】
ホットトイズ東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」
東京都渋谷区神宮前3-30-12 Gビル1F
 

■『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ

ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、その戦いに向けてスパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる圧倒的な敵にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るエレメンタルズ。ニックは異次元から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせ、彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。ピーター=スパイダーマンはこの厳しい戦いにどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される・・!

・『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(原題:Spider-Man:Far From Home)』
・全米公開:2019年7月2日
公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/spidermanfilmjp
公式Facebook:https://www.facebook.com/SpiderManJapan/





ライター :コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る