CINEMA 2019.09.25

痛みを感じないカンフー・ヒーローって最強じゃね? 映画『燃えよスーリヤ!!』ポスタービジュアル&予告編が解禁!

映画『燃えよスーリヤ!!』が、12月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開することが決定。さらに、ポスタービジュアル&予告編も解禁された。

主人公・スーリヤは何の変哲もない青年。ただし、彼はどんな痛みも感じないという特別な体質の持ち主。幼い頃に祖父から渡されたカンフー映画に衝撃を受けて以降、街の悪党を倒すことを目標として独自にカンフーの特訓を積んできたスーリヤ。

ある日、スーリヤは離ればなれになっていた幼馴染が街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知り、カンフーと痛み知らずの身体を武器に悪の組織との全面戦争を決意する―。



予告編では、おじいちゃんに渡されたVHSで見た男が片足で「百人組手」に挑むアクションが映し出され、それを見たスーリヤは一瞬にして心を奪われる。

それからというもの、アクション映画に影響を受け続け、カンフーヒーローへの道を進むことに。痛みを感じないがゆえに無茶な修行を繰り返しながら、大人へと成長していく。

痛みを感じないはずのスーリヤが唯一痛みを感じたのは、幼馴染のスプリに抱いた胸の痛み・・・そう、それは恋だった。そして、憧れの格闘家・マニとその弟子でもあるスプリと共に街を牛耳る悪の組織との壮絶な戦いが幕を開ける。

昨年のアカデミー賞作品賞に輝いた『グリーンブック』が観客賞を受賞した第43回トロント国際映画祭で、夜中に上映される<ミッドナイト・マッドネス部門>にて『燃えよスーリヤ!!』は観客賞を受賞している。

熱狂的な映画ファンたちが騒ぎ立てたインド映画が、ついに日本に上陸する。話題作を次々と世に送り出しているインド映画界、今度はカンフーだ!

公式サイト : http://moeyo-surya.jp

 
■監督・脚本 : ヴァーサン・バーラー
■製作    : ローニー・スクリューワーラー
■出演    : アビマニュ・ダサーニー、ラーディカ―・マダン、グルシャン・デーヴァイヤーほか
■配給    : ショウゲート
■宣伝    : スキップ

© 2019 RSVP, a division of Unilazer Ventures Private Limited


ライター:コヤマ ムサシ(YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る