CINEMA 2019.09.24

平凡ママから最強ママへ、映画『ライリー・ノース 復讐の女神』の本編映像が解禁!

映画『ライリー・ノース 復讐の女神』(9月27日)の主人公ライリーは、凄腕の殺し屋でも、スパイでも、刑事でもない。

ひとりの”心優しきママ”が、愛する家族との未来を奪われ、全てを失ったことにより自らが最強の殺人マシーンとなる。本作は、平凡なママから、最恐のママに変貌したライリーの孤独な戦いを描く。

今回、強靭な肉体と精神を備えたライリーが汚職判事を裁く本編映像が解禁された。



両手を釘で机に打ち付けられ、爆発性のロープを身体に巻かれている汚職判事。「あなたは全て失うの 今ある楽しみも これから先の楽しみも 全て失う――」冷静に、そして淡々と話しかけるライリー。

部屋にあったおもちゃを手に取り、最愛の家族を想い出してしまう。物憂げな表情を浮かべながら、判事に向けて最後の審判を下すのであった。

ライリーを演じたジェニファー・ガーナーは「判事も弁護士も警察も、全員が法の間違った側についている。不正を目の当たりにしたライリーは大きな喪失感に襲われます。彼女は娘と夫を失ったのに、誰も何もしてくれないことに気づき、正気を失いそうになる。自分の感情を閉じ込め、姿を隠し、準備をしながら5年間過ごすのです。」と、ライリーが殺戮マシーンへと生まれ変わる原動力を明かしている。

いよいよ公開となる本作、ライリーの復讐の先にあるものとは?ぜひ劇場でチェックしよう。

 
監督:ピエール・モレル 脚本:チャド・セント・ジョン
出演:ジェニファー・ガーナー、ジョン・オーティス、ジョン・ギャラガー・Jr、フアン・パブロ・ラバ
原題:PEPPERMINT/2018年/アメリカ、香港/カラー/シネマスコープ/英語、スペイン語/102分/5.1ch
配給:プレシディオ 協力:ムービープラス R-15

© 2018 LAKESHORE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS LLC AND STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部) 
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る