CINEMA 2019.09.19

今冬公開『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』花澤香菜がテル役に決定!!切なく愛らしいテルの本編映像も解禁!

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずの深い感情を、新たなエピソードを盛り込むことで描き出す新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月20日(金)より公開となる。

2016年11月12日に公開され、深い感動の輪を拡げていき、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼び、多くのファンと上映劇場の熱意に支えられ、公開から1日も途絶えることなく1000日以上も日本全国どこかの劇場で上映が続けられている『この世界の片隅に』。
すず、リン、周作…。それぞれの内に秘められたこぼれ落ちるほどの“想い”を、片渕須直監督はどのように映像化するのか。新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、『この世界の片隅に』を原型とした新たな物語となる。

そして今回、すずが遊郭で出会うもう一人の女性、「テル」役に、『言の葉の庭』や『はたらく細胞』などの話題作に出演し、数々のTVアニメ・劇場アニメに出演している人気声優・花澤香菜の出演が決定した。
本作からの参加について、花澤は「ずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした」と喜びのコメントを寄せた。

さらに、本情報の解禁に合わせてテルの本編シーンの映像も解禁。手に息を吹きかけて寒さをこらえながら南の島の絵を描いてあげるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ…。」と九州の方言で嬉しそうに話しかけるテルの切なくも愛らしい声。いったいこの言葉の奥にはどんな想いが込められているのか。続報にも期待が湧くワンシーンが解禁となった。



『この世界の片隅に』は当時大変話題になり、筆者も劇場に足を運び、登場人物それぞれの心情に完全に感情移入し、涙を拭いながら観た。平凡な暮らしをしていた何の罪も無い人達が戦争に巻き込まれていき、悲惨な現実に晒されていく、その中でもそれぞれが必死で生きようとする、その姿と感情が独特の描写力で描かれたアニメーションによって深く心に突き刺さてくる映画だ。

本作は今回も公開前から話題になっているが、日本人なら是非とも観て頂きたい映画である。



■花澤香菜コメント
観て…というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした。
原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように!

■花澤香菜プロフィール
子役から芸能活動を始めドラマ・CM・バラエティなど出演しているなか14歳の時に初めて『LAST EXILE』で声の出演をしたのち『ゼーガペイン』のヒロインカミナギリョーコ役で注目を集めその後声優としての活動が中心となり数多くのTVアニメ・劇場アニメに出演。主な出演作『PSYCHO-PASS』(常守朱)『言の葉の庭』(雪野百香里)『シュタインズ・ゲート』(椎名まゆり)『はたらく細胞』(赤血球)

 
【ストーリー】
広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるものの呉ではじめて出会った同世代の女性に心を通わせていくすず。しかし、ふとしたことをきっかけに、すずは周作とリンの過去に触れてしまう。
すず、リン、そして周作。それぞれが内に秘めた想いを抱えながら、日々を懸命に生きていた。
そして昭和20年の夏がやってくるーー。

■声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/花澤香菜/ 澁谷天外(特別出演)
■原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ プロデューサー:真木太郎 監督・脚本:片渕須直 
■製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA 
■配給:東京テアトル 
■製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会 ikutsumono-katasumini.jp 

(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

2019年12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペース他全国公開



ライター:目黒 晴彦(YES!!!!編集部)