EVENT 2019.09.05

【体験レポート】点と線と音で構成された作品たち――目と耳に優しく楽しいジュリアン・オピー11年ぶりの個展

ジュリアン・オピーというと、2000年にリリースされたブラーのベスト盤『Blur:The Best Of』のジャケットが思い浮かぶ人も少なくないだろう。

80年代以降のイギリスを代表する現代美術家であるオピーの作品は、そのシンプルで普遍的、かつ人懐っこさを感じさせる作風故に、パブリックアートとしても人気で、高松や成田にある他、東京だと電通本社ビルにLEDに歩行者が映る作品が展示され、来訪者にちょっとした潤いを与えていたりする。

日本の美術館では11年ぶりの個展となる東京オペラシティ アートギャラリーでの展覧会。

まず会場に入ると、高さ6メートルほどの作品「Walking in New York 1」と「Walking in Boston 3」の大きさとポップさに目を奪われる。



そこに描かれた人物の服装や髪形や持ち物や姿勢から、会社もしくは学校の行き帰り、ショッピング、散歩……という風に、その人となり、生活ぶりを想像できるのが楽しい。

他にも、アニメーションを4面LEDスクリーンに映した作品や、ブロンズでできた彫刻作品があったり、その素材は様々。平面作品と立体作品、両方がバランス良く配置されている。

中には、廊下の端から端、24メートルほどの長さに亙って20台のLEDスクリーンが連なり、鯉が悠々と泳いでいる作品「Carp」もある。場内で流れている耳に優しい環境音楽のような音響作品もオピーの作品だ。

点と線という最小限の視覚言語(時折音も)によって構成された作品群は、風景にポンとあることで、その空間に彩りと躍動がもたらされ、目と耳に楽しく優しい。

ちなみに、オピー自身も作品選定や展示構成など本展のキュレーションに関わっているそうだ。開催は9月23日(月)までとなっているので、貴重な機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

公式サイト : http://www.operacity.jp/

 

開催概要


■展覧会名  :  ジュリアン・オピー Julian Opie
■会期    :  2019年7月10日[水] ― 9月23日[月]
■会場    :  東京オペラシティ アートギャラリー
■開館時間  :  11:00 ─19:00 (金・土は20:00まで/最終入場は閉館の30分前まで
■休館日   :  月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月4日(日・全館休館日)
■入場料   :  一般1,200(1,000)円/大・高生800(600)円/中学生以下無料
■お問合せ  :  03-5777-8600(ハローダイヤル)

※同時開催「収蔵品展067 池田良二の仕事」「project N 76 末松由華利」の入場料を含みます。
※収蔵品展入場券200円(project N を含む / 割引無し)もあり。
※( )内は15名以上の団体料金。
※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
※割引の併用および入場料の払い戻しはできません。

「ジュリアン・オピー」展示風景 撮影:木奥恵三

ライター: 小松 香里(編集者)
https://twitter.com/komatsukaori_
https://www.instagram.com/_komatsukaori/
 
 
EVENT 2019.10.08

毎年人気の 横浜赤レンガ倉庫 期間限定スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」今年も開催!

横浜の冬を彩るイベントとして2005年から始まった「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」は、毎年多彩なアーティストが繰り広げるアートとアイススケートのコラボレーションを実施。今年で15回目を迎える今シーズンは、雑誌「ビッグイシュー日本版」に登場する可愛らしいキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親であるタイのアーティスト、ウィスット・ポンニミット氏がスケートリンクの空間を演出する。ポップでレトロな印象の、優しい雰囲気で心温まる作品が、『アートリンク』の新たな1ページを彩る。 今年は11月30日(土)~2020年2月16日(日)までの全 79日間の開催だ。 詳細は公式HPにて。 ■ウィスット・ポンニミット氏のコメント アートリンク、大きいね! みんながワクワクしてスケートしてるの想像してみたらカラフルな気持ちになるしかなかった。 マムアンちゃん一人ではものたりないからカラフルにたくさんのマムアンちゃんを描きました。 しかし、自分で描いたのに描きすぎてマムアンちゃんを何人描いたか忘れちゃった。 よかったら気をつけて数えてみてね!   ■テーマ SWEETS ICE RINK~あまいもの大好きスケートリンク~   alt="" height="210" src="/upload/images/sub2%2831%29.jpg" width="280" /> ■ウィスット・ポンニミット 1976年、タイ・バンコク生まれ。愛称はタム。1998年バンコクでマンガ家としてデビューし、2003年から2006年まで神戸に滞在。2009年『ヒーシー

…もっと見る