MAGAZINE 2019.09.03

少年ジャンプ作家陣がマーベルと夢のコラボ! 『アイアンマン』や『スパイダーマン』が日本を駆け巡る!

ⓒ2019 MARVEL イラスト/高橋和希

『アベンジャーズ エンドゲーム』が世界累計興行収入No.1の座に輝いたことも記憶に新しい中、少年ジャンプの作家陣がマーベルの人気キャラクターを題材にしたマンガを、本日9月3日(火)より「少年ジャンプ+」にて順次配信を開始した。

「少年ジャンプ+」編集部や漫画家にもファンが多いマーベル・キャラクター。
その一方で、マーベル・コミックス編集長のC.B.セブルスキー氏も日本のマンガの大ファンという‟相思相愛”な関係から、今回の夢のコラボレーションが実現したという。

C.B.セブルスキー氏は、「トップクラスのクリエイターとともに、キャラクターを中心としたアクションを含むストーリーで作品を紡ぎだすジャンプの哲学は、あらゆる年代の読者に支持されており、日本でマーベル・キャラクターが活躍する場として、これ以上のプラットフォームは考えられません。」と敬意を払いつつ、「マーベルのファンでいてくださる素晴らしいマンガ作家さんたち、そして‟少年ジャンプ”編集部の皆さんとともに仕事ができることは大きな喜びです!」と今回のコラボに喜びを爆発させたコメントを残している。

『遊☆戯☆王』の高橋和希氏が『アイアンマン』と『スパイダーマン』をフルカラーで描く他、豪華な作家陣によって新たな命を吹き込まれた、日本版マーベル・キャラクター達が大暴れすること間違いなし。

筆者も幼い頃から"ジャンプ・キャラクター"と"マーベル・キャラクター"に慣れ親しんできたこともあり、この組み合わせには気絶しそうである。すでに明日の配信が楽しみで仕方がない。

 

『少年ジャンプ×マーベル コラボレーション作品』 配信スケジュール


■9月3日(火)
サクライタケシ『MARVEL×少年ジャンプ コラボ記念 MARVEL編集長にインタビューしてきました!』
「少年ジャンプ」にちなんだ面白そうなことをやってみよう!という探検的ルポマンガです。世界大ヒットを続出しているマーベル作品の秘密を探るため、編集長に突撃インタビューを敢行!

■9月4日(水) 高橋和希『SECRET REVERSE』 前編
ゲームコンベンションへ招待を受け”日本”へとやってきたトニー・スターク(『アイアンマン』)とピーター・パーカー(『スパイダーマン』)! その会場で2人を待ち受けるのは…!?

■9月18日(水) 水野ハチ『あべんじゃーず:ギャグリール』
「MARVEL de 日常系ほのぼの」マンガ! マーベルのことをよく知らないビギナーの方にぴったり!?
肩の力を抜いてゆっくり楽しめます。

■10月2日(水) 荻野ケン『アベンジャーズ:インタビュー・ウィズ・ヒーローズ』
テレビ番組のクルーが、『アベンジャーズ』メンバーに密着取材! 一方、刑務所の独房から脱獄した悪の組織の幹部が…!?

■10月16日(水) 原作:笠間三四郎/作画:植杉光『デッドプール:SAMURAI(仮)』
マーベルと「少年ジャンプ」のコラボに無責任ヒーロー“DEAD POOL”もまさかの参戦⁉ 好き勝手やりたい放題の33ページ‼
「少年ジャンプ+」が誇る新人作家コンビ・笠間&植杉が贈るハチャメチャマーベル時代劇、開幕‼

■10月30日(水) mato『Halloween Avengers』
『アイアンマン』が、『ドクター・ストレンジ』が、ハロウィンの街でアッセンブル!!

■11月13日(水) 羽田豊隆『アントマン+(仮)』
「俺は今、娘を助けるために、日本の空を蟻に乗って飛んでいる」 。
“前科あり、離婚歴あり、娘あり、友達は蟻”のアントマンは、娘のキャシーが交換留学で日本に行くことになり、心配でついて行
くことに…⁉

■11月27日(水) 高橋和希『SECRET REVERSE』後編


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
ANIMATION 2019.08.21

羽生結弦が『弱虫ペダル』の名物キャラ達と一緒にサイクリング! 夢のコラボイラストが掲示

「ツール・ド・東北」とコラボレーションする『弱虫ペダル』のスペシャルグラフィックに、今年はツール・ド・東北フレンズとして大会を応援しているフィギュアスケーターの羽生結弦がアニメイラストとなって登場。2019年8月26日(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅および東京メトロ半蔵門線渋谷駅、仙台市地下鉄仙台駅にて順次公開される。 スペシャルグラフィックは計9種類のうち5種類に羽生が描かれており、「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを舞台にしたリアルで美しい自然などを背景に、主人公の小野田坂道をはじめとした『弱虫ペダル』のキャラクター達と共に、ポール・スミスデザインの「ツール・ド・東北 2019」オフィシャル・サイクルジャージを着用して、自転車で走行する姿や休憩する姿など、東北の現状や魅力を感じていただけるデザインだ。 原作者の渡辺航は、「東北の復興が少しでも進むことを願っています。皆さんも是非、自転車で町や自然、空気、人々の温かさを肌で感じて下さい!」と、喜びのコメントを寄せている。 さらに、今回のコラボレー

…もっと見る

EVENT 2019.07.09

「プラレール」60周年×鉄道博物館  夏休み特別企画!プラレール60周年記念展が7月19日(金)より開催!

株式会社タカラトミーは埼玉県の「鉄道博物館」にて、鉄道玩具「プラレール」が1959年の発売から今年で60周年を迎えたことを記念して、プラレール60周年記念展『プラレール博物館 ~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史~』を鉄道博物館・本館2F スペシャルギャラリー1にて7月19日(金)から年9月1日(日)まで開催する。 今回、鉄道博物館の協力のもと、夏休み期間に合わせ、親子3代で楽しく学べる内容になっている。展示内容の一例は以下。 ■プラレールの歴史・現在・未来 昭和・平成を駆け抜けた「プラレール」のこれまでの【歴史】、そして令和を迎えた【現在】と【未来】を、本物の鉄道に関する展示も交えつつ、鉄道博物館の学芸員やプラレール担当者の解説付きで展示。 展示される商品はプラレールの原型の「プラスチック汽車・レールセット」(1959年)をはじめとする約40点以上。 ■ 特別展示・プラレールができるまで 7月11日発売予定のプラレール令和初のセット商品でもあるプラレール60周年記念商品「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレ

…もっと見る