CINEMA 2019.09.02

【レビュー】世界的女優・マリオン・コティヤールが出演を熱望。女性監督ヴァネッサ・フィロの長編デビュー作

マリオン・コティヤールといえば、2007年に公開された『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』でフランス人女優として49年ぶりのアカデミー賞主演女優賞を受賞。

以降も『NINE』、『サンドラの週末』、『ミッドナイト・イン・パリ』、『君と歩く世界』、『マリアンヌ』、『たかが世界の終わり』……と枚挙にいとまがないほどの名作に出演し、どの作品でも輝かしい存在感を示している世界的な女優だ。

そのコティヤールが、脚本を読み出演を熱望したのが、女性映画監督ヴァネッサ・フィロの初長編作で8月10日(土)より公開された『マイ・エンジェル』である。

南仏、コートダジュールの浜辺に近いアパートで暮らすシングルマザーのマルレーヌ(マリオン・コティヤール)と、8歳の娘エリー(エイリーヌ・アクソイ=エテックス)。マルレーヌは、定職に就かず、感情のおもむくままに奔放に生きている。

ある日、新たな男性との出会いをきっかけに、エリーを自宅に残したままどこかに消えてしまう。その時からエリーの、親不在の環境で生きていく日々が始まる──。



コティヤール演じるマルレーヌは、人間臭くむき出しで、そして儚く激しく、美しい。自虐的で破壊的で、自らが無償の愛を注ぐべき存在である娘を「エンジェル・フェイス」という愛称で呼ぶ等、間違いなく強い愛情を抱いているにも拘らず、どう愛したら良いかわからず常に混乱している。

一方、アクソイ=エテックス演じるエリーは、絶望的な状況の中、強い本能と意志で、迷いなく自らの未来を選びとろうと進んでいく。

様々な経験を経た大人だからこその迷走と、無垢な子供だからこその直進。その対比に、母娘ゆえの類似点も入り込んでいく。

この世で唯一無二の家族だからこその愛の交錯が鮮烈に描かれている。

公式サイト : http://my-angel-movie.com/

 

映画『マイ・エンジェル』

■出演    : マリオン・コティヤール、エイリーヌ・アクソイ=エテックス、アルバン・ルノワール
■監督/脚本 : ヴァネッサ・フィロ/
■撮影    : ギョーム・シフマン『アーティスト』   
■配給:ブロードメディア・スタジオ
2018 年/フランス/英題:angel face /シネマスコープ/108 分/PG12


© 2018 WINDY PRODUCTION - MOANA FILMS - MARS FILMS LYNK HOLDINGS LIMITED - MY UNITY PRODUCTION


ライター: 小松 香里 (編集者)

https://twitter.com/komatsukaori_
https://www.instagram.com/_komatsukaori/
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オ

…もっと見る