CINEMA 2019.08.27

“殺し屋・鳳仙学園”、過去最強軍団を統べる佐智雄(志尊 淳)の圧巻アクション! トレーラー&ポスター解禁

映画『HiGH&LOW THE WORST』に登場する、“殺し屋軍団・鳳仙学園”にクローズアップしたスペシャルトレーラー&ポスターが解禁された。映像では、鳳仙のトップ・上田佐智雄を演じる志尊 淳の鬼気迫るアクションシーンが収められている。

幹部以外全員スキンヘッドの鳳仙学園を完璧に統率しているのが絶対王者・佐智雄。
壁を破壊するほどのパワー、相手のナイフを目に見えぬ速さで奪い取るスピード、リーチを生かしたスマートな蹴りと圧倒的な戦闘力を見せつける。



佐智雄のアクションシーンが存分に楽しめるほか、本作の見どころである河川敷での鬼邪高校VS鳳仙学園シーンも描かれている。息を呑む大乱戦に、こちらまでアドレナリンが上がってしまう。

鳳仙学園スペシャルポスターは、原作者・髙橋ヒロシ描き下ろしイラストのキャラビジュアルと鳳仙の実写キャストビジュアルが並んで睨みを効かせる一枚に。

体中の細胞を刺激するかのような本作。頂上決戦の行方は、ぜひ劇場で。

公式サイト:https://high-low.jp/

 

「HiGH&LOW THE WORST」 10月4日(金) 全国ロードショー


■企画プロデュース : EXILE HIRO
■監督       : 久保茂昭(「HiGH&LOW」シリーズ)      
■アクション監督  : 大内貴仁(「HiGH&LOW」シリーズ/「るろうに剣心」シリーズ)
■脚本       : 髙橋ヒロシ、平沼紀久、増本庄一郎、渡辺啓
■企画制作:HI-AX
■配給:松竹
■製作:「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会  

- 出演 - 
鬼邪高校・全日制…川村壱馬・前田公輝・吉野北人・佐藤流司・神尾楓珠
         福山康平・龍・鈴木昂秀・うえきやサトシ・中島健
鳳仙学園…志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎
希望ヶ丘団地…白洲迅・中務裕太・小森隼・富田望生・矢野聖人
鬼邪高校・定時制…山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・清原翔・青木健・陳内将     
©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店)  HI-AX


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
ANIMATION 2019.08.21

羽生結弦が『弱虫ペダル』の名物キャラ達と一緒にサイクリング! 夢のコラボイラストが掲示

「ツール・ド・東北」とコラボレーションする『弱虫ペダル』のスペシャルグラフィックに、今年はツール・ド・東北フレンズとして大会を応援しているフィギュアスケーターの羽生結弦がアニメイラストとなって登場。2019年8月26日(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅および東京メトロ半蔵門線渋谷駅、仙台市地下鉄仙台駅にて順次公開される。 スペシャルグラフィックは計9種類のうち5種類に羽生が描かれており、「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを舞台にしたリアルで美しい自然などを背景に、主人公の小野田坂道をはじめとした『弱虫ペダル』のキャラクター達と共に、ポール・スミスデザインの「ツール・ド・東北 2019」オフィシャル・サイクルジャージを着用して、自転車で走行する姿や休憩する姿など、東北の現状や魅力を感じていただけるデザインだ。 原作者の渡辺航は、「東北の復興が少しでも進むことを願っています。皆さんも是非、自転車で町や自然、空気、人々の温かさを肌で感じて下さい!」と、喜びのコメントを寄せている。 さらに、今回のコラボレーションに原

…もっと見る

MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る