CINEMA 2019.08.21

「過酷すぎた・・・」 村上虹郎と柄本明からオダギリジョー監督にクレーム?! 

本日、俳優・オダギリジョーが初長編映画監督を務めた『ある船頭の話』(9月13日公開)の、完成披露舞台あいさつが都内で開催された。オダギリジョー監督、主演の柄本明のほか、川島鈴遥、村上虹郎が舞台挨拶に登壇した。

「今日は舞台挨拶に初めて監督として出るので、かなり緊張しています。色々不安はありますが、今更やり直しも出来ないので観ていただけるのが楽しみです。」とオダギリが集まった観客に挨拶。

主演の柄本は、真夏に始まった40日間の撮影がとにかく大変だったと振り返ると、長くシーンを共にした村上も「(柄本とは)控室とかではよく話しましたけど、現場では過酷すぎてあんまり話さなかったですね。」と同意見の様子で、「だってホントに暑かったんだもん!隠れるところ無いしさ!(笑)」と、その過酷さを柄本が冗談交じりの恨み節で語った。




本作は今月28日に開幕する、第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門(コンペティション)に正式出品が決定。これに対しオダギリは、「身が引き締まりますね。イタリアの監督協会が選んでくれ部門なんですが、日本だとどうしても"俳優・オダギリジョー"というフィルターを通すじゃないですか。それがない状態で評価して頂けたのが嬉しいです。」と笑顔を見せた。

さらにオダギリは、「なかなか挑戦的なことをやっている映画です。今の日本映画を観慣れている人にとっては見ずらいかもしれません。だけど、あえてそこに挑戦したいと思って、そしてこの挑戦を面白がってくれて、賛同してくれる人達と作りました。」と自信を覗かせ、最後に「この映画は音にもかなりこだわってます。映画館でしか味わえない、DVDやタブレットだと物足りなく感じると思うので、ぜひ劇場で観てください!」と訴えた。


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る