MAGAZINE 2019.08.20

舞台『ハイキュー!!』新作公演が決定! 新たなるライバル達との激闘を描く

8月19日は“ハイキュー!!の日”であるということで、シリーズ8作目となる新作公演・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞の製作発表が行われた。

『ハイキュー!!』は、幼い頃に見た〝小さな巨人〟に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽と天才プレイヤー・影山飛雄を軸に、仲間と共に春の高校バレー全国大会を目指し、数々の強敵と切磋琢磨するストーリーだ。週刊少年ジャンプにて絶賛連載中の大人気漫画で、個性あるキャラクター達が少しずつ成長する姿と、胸を打つ名言の数々に時に涙してしまう。


11月1日(金)より東京・大阪・宮城・東京凱旋の4会場にて上演される〝飛翔〞では、日向翔陽役の醍醐虎汰朗をはじめとする「新生烏野」がついに始動。春の高校バレー全国大会に備える烏野高校排球部のメンバーが、それぞれ新たな強敵と出会い成長していくストーリーが展開される。

会見には、新生烏野の日向翔陽役・醍醐虎汰朗と影山飛雄役・赤名竜之輔が扮装姿で、そし演出・脚本のウォーリー木下が登壇。まずウォーリーが今作について「演劇『ハイキュー!!』は、毎公演チャレンジをしようということをテーマに掲げています。今作はここ最近で一番大きなチャレンジです。もちろん不安もありますが、新生烏野のメンバーはとても若くて、みんな真っ直ぐに演劇が好きな感じが伝わってくる。この俳優さんたちとなら、今までとは全く違う新しい挑戦ができるなとワクワクしています。このワクワクは初演の時を思い出します」と熱く語る。

今作から演劇「ハイキュー!!」に参加する醍醐は自身が演じる日向翔陽について「すごくポジティブ。今作で描かれるのは壁にぶつかるところだと思うのですが、そこでも凹まずに、くじけずに、前を向いている人なので、そこは大切にしていきたい」、赤名は自身が演じる影山飛雄について「僕は彼をひとりの男として尊敬しています。1年生でレギュラーでセッターというポジションにかかる期待に常に応え続けている人なので」とそれぞれ話した。



会見では原作者・古舘春一が描き下ろした「飛翔」のタイトル入りの応援イラストが出演者にプレゼントされ、これには3人も大感激。
「こんな贅沢なことはない」(醍醐)、「先生にもぜひ楽しんでもらえる公演をつくりたい」(赤名)、「『飛翔』という言葉には、日向『翔』陽と影山『飛』雄の名前が入っている。それを先生が描いてくださって、頑張ってと言っていただいているようでとても嬉しいです」(ウォーリー)と喜びを爆発させた。

最後にウォーリーから「今まで劇中で『繋ぐ』という言葉がよく出てきたのですが、今作では『託す』という言葉が出てきます。新しい劇団「ハイキュー!!」のメンバーには、今回の公演で託すことのおもしろさを見つけてもらえると、素敵な景色が見られるんじゃないかと思います」と新キャストへの激励の言葉が送られた。

公式サイト : http://www.engeki-haikyu.com/
 

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 公演概要


■原作    : 古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
■演出・脚本 : ウォーリー木下
■音楽    : 和田俊輔

<公演期間・劇場>
東京   : 2019年11月1日(金)〜11月4日(月・休)  TOKYO DOME CITY HALL
大阪   : 2019年11月9日(土)〜16日(土)  大阪メルパルクホール
宮城   : 2019年11月22日(金)〜24日(日)  多賀城市民会館 大ホール
東京凱旋 : 2019年12月6日(金)〜15日(日)  日本青年館ホール

<チケット情報>
東京・東京凱旋公演  S席 : 9,000 円 A席:7,000 円(全席指定・税込)
大阪・宮城公演      : 9,000円(全席指定・税込)

<チケットに関するお問い合わせ>
サンライズプロモーション東京 TEL : 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)

<公演に関するお問い合わせ>
ネルケプランニング TEL : 03-3715-5624(平日11:00~18:00)

ⓒ古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
ANIMATION 2019.08.21

羽生結弦が『弱虫ペダル』の名物キャラ達と一緒にサイクリング! 夢のコラボイラストが掲示

「ツール・ド・東北」とコラボレーションする『弱虫ペダル』のスペシャルグラフィックに、今年はツール・ド・東北フレンズとして大会を応援しているフィギュアスケーターの羽生結弦がアニメイラストとなって登場。2019年8月26日(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅および東京メトロ半蔵門線渋谷駅、仙台市地下鉄仙台駅にて順次公開される。 スペシャルグラフィックは計9種類のうち5種類に羽生が描かれており、「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを舞台にしたリアルで美しい自然などを背景に、主人公の小野田坂道をはじめとした『弱虫ペダル』のキャラクター達と共に、ポール・スミスデザインの「ツール・ド・東北 2019」オフィシャル・サイクルジャージを着用して、自転車で走行する姿や休憩する姿など、東北の現状や魅力を感じていただけるデザインだ。 原作者の渡辺航は、「東北の復興が少しでも進むことを願っています。皆さんも是非、自転車で町や自然、空気、人々の温かさを肌で感じて下さい!」と、喜びのコメントを寄せている。 さらに、今回のコラボレーションに原

…もっと見る