ENTERTAINMENT 2019.08.13

高畑充希×山崎賢人×福田雄一が贈る、ヲタク同士のラブゲーム! 映画『ヲタクに恋は難しい』特報解禁

主演に高畑充希、山﨑賢人を迎えた来年2月7日(金)に公開される映画『ヲタクに恋は難しい』の特報映像とディザービジュアルが公開された。

原作は累計発行部数800万部を突破した、イラスト投稿サイト「pixiv」で2014年から連載されたWEB漫画「ヲタクに恋は難しい」。≪隠れ腐女子×ゲームヲタク≫という不器用な男女の、微笑ましいピュアラブストーリーが注目を集めている。

脚本・監督は日本中に笑いを届けているヒットメーカー・福田雄一が務める。




特報では、高畑が演じる隠れ腐女子のOL・桃瀬成海がコミケ会場を「戦場(いくさば)」と呼び、同人誌を見ては「尊い―」と悶えるなど、ヲタク用語を息つく間もなく連発しながら様々な表情を見せている。
そんな彼女とは対照的に、オフィスでも無表情、部屋と全身をモザイクに覆われても無表情と、徹底的にクールな無表情を貫く山﨑演じる二藤宏嵩が印象的だ。
また、成海と宏嵩の先輩であり、有名コスプレイヤーでもある花子を演じる菜々緒のコスプレ姿も“初”解禁も必見だ。

筆者も本作の大ファンであり、随所にちりばめられた小ネタがたまらない作品だ。ヲタクであることを必死に隠す腐女子の成海と、クールなゲーヲタ(重度)が見せるヲタク同士の恋の結末はいか?そして、福田監督はきっと本作でもクスリと笑かせに来ること間違いなし。

本作のさらなる続報をお待ちください。

 

『ヲタクに恋は難しい』 あらすじ


26歳OLの桃瀬成海は、転職先の会社で幼馴染の二藤宏嵩と再会する。ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は重度のゲームヲタク。
そして成海もまた、隠れ腐女子であった。周りの人々にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を何よりも恐れている成海は、その本性を隠している。
そんな成海が真実の自分をさらけ出せるのは、ヲタク友達の宏嵩の前だけ。会社が終われば2人はいつもの居酒屋で呑みながら、ヲタ話に花を咲かす。男を見る目がない事を嘆く成海に対して宏嵩は「ヲタク同士で付きあえば快適なのでは?」と交際を提案。こうして2人はお付き合いすることに。お互い充実したヲタクカップルライフを始めるはずだったが、2人の恋愛には数々の試練や困難が待ち受けていた!

■脚本・監督 : 福田雄一 
■原作    : 「ヲタクに恋は難しい」 著者 ふじた(一迅社)
■撮影期間  : 2018年10月~11月
■配給    : 東宝(株)

©ふじた/一迅社 ©2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
ANIMATION 2019.08.21

羽生結弦が『弱虫ペダル』の名物キャラ達と一緒にサイクリング! 夢のコラボイラストが掲示

「ツール・ド・東北」とコラボレーションする『弱虫ペダル』のスペシャルグラフィックに、今年はツール・ド・東北フレンズとして大会を応援しているフィギュアスケーターの羽生結弦がアニメイラストとなって登場。2019年8月26日(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅および東京メトロ半蔵門線渋谷駅、仙台市地下鉄仙台駅にて順次公開される。 スペシャルグラフィックは計9種類のうち5種類に羽生が描かれており、「ツール・ド・東北 2019」の実際のコースを舞台にしたリアルで美しい自然などを背景に、主人公の小野田坂道をはじめとした『弱虫ペダル』のキャラクター達と共に、ポール・スミスデザインの「ツール・ド・東北 2019」オフィシャル・サイクルジャージを着用して、自転車で走行する姿や休憩する姿など、東北の現状や魅力を感じていただけるデザインだ。 原作者の渡辺航は、「東北の復興が少しでも進むことを願っています。皆さんも是非、自転車で町や自然、空気、人々の温かさを肌で感じて下さい!」と、喜びのコメントを寄せている。 さらに、今回のコラボレー

…もっと見る

MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オ

…もっと見る