ENTERTAINMENT 2019.08.08

鈴木亮平、モンスター・井上尚弥に「勝てるかも」とまさかの勝利宣言?!

小型電気ブランドのブラウンは、3年ぶりにアップグレードした『BRAUN シリーズ9』と新製品の『BRAUN シリーズ8』の発売を記念して、アンバサダーである俳優・鈴木亮平とプロボクサー・井上尚弥をゲストに招いたPRイベントを開催した。

初対面ということで井上の印象を聞かれた鈴木は、「僕は身体が大きいほうなので・・・ひょっとすると勝てるかも(笑)ちょっと向き合ってみませんか?」とまさかの井上を挑発。

「いいですよ」と井上が向かい合うと、お互いがファイティングポーズを構えた。軽快なステップで一瞬にして鈴木の間合いに入った井上が軽くジャブを放つと、会場からは"お~"と歓声が沸いた。
 


現役の世界チャンピオンを前にしていたことを自覚した鈴木は、「いや、まさかジャブが飛んでくるとは(笑)いざ目の前にすると、拳から出るオーラが凄い。僕の勘違いでした。」とあっさり降伏し、井上も「185cmもの人と対峙したことがなかったので、楽しかったですね!」とすぐに意気投合した二人だった。

8月8日が"ヒゲの日"ということもあり、ヒゲにまつわるエピソードを聞かれた鈴木は、「父親から大人の男になることを教わることが2つありました。それは、ヒゲの剃り方とネクタイの結び方でしたね。」とヒゲを剃ることは男のたしなみであり、剃ることで自信が持てると語った。
 

イベント終了後、今朝方に世界中が注目する井上とドネア戦が、11/7(木)にさいたまスーパーアリーナで開催されることが発表されたことを受け、急遽囲み取材が行われた。

日本での開催について井上は、「やはり日本でやれるってのは、多くの日本人ファンに観てもらえるってことでモチベーションはあがります。さいたまスーパーアリーナは過去最大の大きさなので、埋めなきゃなっていう責任感はありますけど(笑)」と話し、さらに「ドネアは高校生の時から見ていた選手ですし、しっかりKOで勝って引導をお渡したい。ファンの方が自分に何を求めているのかってのはわかっています。これがまたプレッシャーなんですが、それも含めて力にしたい。」とビッグマッチに向けた意気込みを語った。

最後に、「当日はパンチも切れ味抜群だと思いますよ(笑)」と電気シェーバーのPRイベントにかけてメッセージを残し、笑顔で会場を去った。


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)