CINEMA 2019.08.05

伝説の殺し屋 ジョン・ウィックに粛清のカウントダウンが鳴り響く! 最新作の予告編が解禁

2019年だけでも4作品の日本公開が決定しているキアヌ・リーブス
そんな彼が銃と体術を組み合わせたアクションで魅せる、全世界を熱狂させ大ヒットとなった『ジョン・ウィック』シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』 が10月4日(金)より全国で公開される。 
今回、粛清のカウントダウンが鳴り響く日本版予告編が解禁された。

前作から2年、チャド・スタエルスキ監督との名作『マトリックス』コンビが生み出す過剰なまでのアクションと、おなじみのメンバーも勿論のこと、新たな面々も加わり、超豪華キャストが集結した。

愛犬を奪ったロシアンマフィアを崩壊させ、思い出の我が家を爆破したイタリアンマフィアも壊滅。
復讐の果てに、裏社会の掟を破り反逆の逃亡者となったジョン・ウィックに最強の暗殺集団が容赦なく襲い掛かる。しかし、いつも独りで戦い続けていたジョンには、アカデミー賞受賞女優・ハル・ベリーが演じるソフィーが手を差し伸べ、共に過酷な戦いへと立ち向かう。



映画でお馴染みの、“銃(ガン)”דカンフー”の融合技<ガン・フー>に、「『ジョン・ウィック:チャプター2』の撮影後、“もし続編があるならば、ジョン・ウィックを馬に乗せたい”と提案したら実現したんだ」とキアヌ自らのアイデアで取り入れられた馬上での戦闘シーンなど、ノンストップ・キリングアクションが進化に進化を重ね、遂に壮絶なクライマックスを迎える本作。

ジョン・ウィックの勇姿を、見逃さずにいられないのでは?

公式サイト:http://johnwick.jp/ 



 
『ジョン・ウィック:パラベラム』 あらすじ

裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を厳守する組織からの粛清だった。1,400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばしていた…

■監督:チャド・スタエルスキ
■出演:キアヌ・リーブス、ハル・ベリー、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン
    マーク・ダカスコス/アンジェリカ・ヒューストン
■配給:ポニーキャニオン 


®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る