CINEMA 2019.07.28

板尾創路の母親宣言に松本穂香が吼える! 映画『おいしい家族』予告解禁

第40回すばる文学賞佳作受賞・ndjc2015選出など、文学・映像両才能を発揮する新鋭作家ふくだももこの長編初監督作品『おいしい家族』が、9月20日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国での公開が決定。
先駆けて予告編とyonigeによる本作の主題歌「みたいなこと」の楽曲も同時に解禁となった。


主人公・橙花役には、本作が初の長編映画主演で、今最も注目されている若手女優の松本穂香を迎える。亡き妻の服を着て暮らす父・青治には、お笑いに俳優とマルチに活動する板尾創路。青治のパートナーであり、お調子者の居候・和生には浜野謙太が抜擢され、人も気候も穏やかな島を舞台に、新たな家族像を作りあげる。



予告編では、”仕事も恋も全然ダメ”な都会の生活に疲れた主人公・橙花が、久々に実家に戻ると、そこに待ち受けていたのは「父さん、母さんになろうと思う。母さんと呼んでもいいぞ。」といきなりの母親宣言をする父の青治。
混乱する橙花の姿や、そんな青治を優しく受け入れる、家族の和生(浜野謙太)、翠(笠松将)、ダリア(モトーラ世理奈)の姿が映しだされている。



主題歌を担当したyonigeは本作を鑑賞後、「あなたの勝手にして欲しい。あなたの好きなようにして欲しい」とコメントを残した。

公式サイト : https://oishii-movie.jp/

 

映画『おいしい家族』 あらすじ

松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

■出演    : 松本穂香、板尾創路、浜野謙太
■監督・脚本 : ふくだももこ 音楽:本多俊之
■公開日   : 9月20日(金) 全国ロードショー
■配給    : 日活



©2019「おいしい家族」製作委員会


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
EVENT 2019.08.26

お寺でダンスミュージックに酔いしれる斬新な音楽フェス「煩悩 #BornNow」が渋谷で初開催決定!

「煩悩 #BornNow」は、2016年にスタートして今年で4年目。HIPHOPや四つ打ちなどのダンスミュージックをメインとした音楽フェス。"パーティーのフロアに立って好きな音楽に体を揺らし、『今、自分はここに存在する』ということを自覚した瞬間、僕たちはここに〈生まれる〉" というコンセプトから「煩悩 #BornNow」と名付けられ、過去には東京都文京区、神奈川県鎌倉市、千葉県松戸市のお寺で開催、多くの音楽ファンを魅了してきた。 その斬新な企画性と社会的意義が認められ、今年度はAbemaTVで配信されているバラエティ番組「10億円会議 supported by 日本財団」にて、Zeebraなど審査員らの賛同のもと、第一弾助成金交付プロジェクトとして採択。一般社団法人渋谷未来デザインの後援のもと、「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」と連携して開催される。 待望の渋⾕初上陸となる「煩悩 #BornNow 2019」のテーマは "夢うつつ"。東京を拠点に活動するハウスミュージック・ コレクティヴ/パーティー〈CYK〉に所属する・Kotsuや、『(495)367-2945』のPVを〈tokyovitamin〉からリリー スしたばかりの⾳楽プロデューサー/DJ・LITTLE DEAD GIRLなど、シーンの「今

…もっと見る

MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る