CINEMA 2019.07.26

最先端の3D技術で23歳のウィル・スミスが蘇る! 映画『ジェミニマン』メイキング映像が公開

ウィル・スミスが主演最新作で10月25日(金)より公開される『ジェミニマン』の最新技術を用いた撮影現場のメイキング映像が公開された。
本作の監督は2度のアカデミー賞(R)監督賞受賞を誇る巨匠アン・リー、そして『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどを手掛けたジェリー・ブラッカイマーが製作を務め、夢の初タッグが実現した近未来アクションエンターテイメントとなっている。



ウィル・スミス演じる伝説的暗殺者ヘンリーは、政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃される。自分の動きを全て把握し、神出鬼没で絶対に殺せないと評される最強のターゲットをヘンリーが追い詰めたとき、襲撃者の正体が秘密裏に作られた“若い自分自身”のクローンだという衝撃の事実が発覚。そして、政府を巻き込む巨大な陰謀に巻き込まれていく。

本作の撮影では、最新技術により、ウィル・スミスが暗殺者ヘンリー(現在のウィル・スミス)と秘密裏に作られた自身のクローン(20代のウィル・スミス)の一人二役に挑戦。メイキング映像では、最先端の3D技術によりウィル・スミスが自身の若かりし姿を演じたジュニアの出来上がるまでの工程も明らかに。



現代のヘンリーと20代のクローンヘンリーの1人2役に挑み、自分自身との激しいアクションにも挑戦。
自身のキャリアの中でも最もハードルの高い役柄とも語るウィルだが、「これまで俳優として培った経験のおかげで、2つの世代を演じ分けることができた。23歳の頃ではジュニアは演じることが出来なかった」と自信を覗かせている。

”誰も見たことの無い未知の映像体験”がいよいよ世に放たれる、ぜひ自分自身の目で確かめてほしい。

公式サイト : geminiman.jp 

■監督:アン・リー(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 
■製作:ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)
■出演:ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライブ・オーウェン、ベネディクト・ウォン 
■配給:東和ピクチャーズ


© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)