CINEMA 2019.07.24

ミュージカルの金字塔『キャッツ』が超豪華キャストで映画化! テイラー・スウィフトの猫姿も必見

1981年のロンドン初演以来、全世界累計8100万人を動員し、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」が遂に超豪華キャストとスタッフの手により映画化。
映画『キャッツ(原題:CATS)』は2020年1月24日(金)より全国ロードショーが決定




白猫のヴィクトリアを演じるのは、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワード。そのほかジェームズ・コーデンや、映画『ドリームガールズ』でその高い歌唱力と演技力を発揮し、第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソン、グラミー賞32回ノミネート、10度の受賞経験を持つ世界的人気シンガー テイラー・スウィフトもボンバルリーナで出演するなど、多彩なジャンルから珠玉の超豪華キャストたちが勢ぞろいする。

また、本作の監督を務めるのは、第83回アカデミー賞受賞作品『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で歴史的ミュージカルの映画化を成功に導いたトム・フーパー。さらに、映画界の巨匠:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるほか、『レ・ミゼラブル』のスタッフが再集結。


先駆けて、第一弾の予告映像が解禁された。



人間に飼い馴らされることを拒否し、自らの人生を生きることを決意した猫たち。新しい人生を踏み出した、心揺さぶられる極上のエンターテインメントを体感しよう。

公式サイト : https://cats-movie.jp/


■監督    : トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
■脚本    : リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)、トム・フーパー
■製作総指揮 : アンドリュー・ロイド=ウェバー、スティーヴン・スピルバーグ
         アンジェラ・モリソン、ジョー・バーン
■原作・原案 : T.S.エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー
■キャスト  : ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ
         ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト
         レベル・ウィルソン、フランチェスカ・ヘイワードほか



© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る