CINEMA 2019.07.22

トム・クルーズ、堂々のカムバック! 『トップガン』最新作の予告が到着

最高かつ伝説のスカイ・アクション映画が帰ってくる。
アメリカ海軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を描き、主演を務めたトム・クルーズを一躍ハリウッドのスターダムの頂点へと押し上げた伝説の作品『トップガン』(86)。

その待望の最新作『トップガン マーヴェリック』が2020年夏に日本公開されることが決定した。
さらに、『トップガン』の聖地・サンディエゴで現地時間7/18~21に開催された全米最大規模を誇るポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル2019」に、
トム・クルーズがサプライズ登壇し、本作初の映像素材となる特報を初お披露目。その映像と合わせて、ティザーポスターも解禁された。

主人公マーヴェリック役には、もちろん我らがトムが伝説のパイロット役としてカムバックを果たす。
その他キャストには、マイルズ・テラーや、ジェニファー・コネリー、エド・ハリスといった豪華キャストが集結。さらに前作でマーヴェリックのライバル“アイスマン”を演じたヴァル・キルマーの出演も決定している。

監督には『オブリビオン』でもトムとタッグを組み、独創的なSFアクションが好評を得たジョセフ・コシンスキーが抜擢され、プロデューサーは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどでハリウッドの頂点に君臨した敏腕プロデューサー ジェリー・ブラッカイマーが務める。『ミッション:インポッシブル』シリーズの監督で知られ、トムの盟友として信頼の厚いアカデミー賞脚本賞受賞のクリストファー・マッカリーが脚本に加わるなど、ハリウッドきってのクリエイターが集い映画史に残る名作の最新作を実現させた。



公開された予告編は、エド・ハリス演じる軍の高官から、30年以上にわたり輝かしい功績を残しながら、未だ昇進することのないマーヴェリックが疑問を投げかけられるシーンで幕を開ける。そして、マーヴェリックがフライトジャケットに身を包むと、”本当に帰ってきたんだな”としみじみと実感させられるとともに、鳥肌が立ってしまう。
バイクで疾走するシーンや、河川に沿って飛行する3機の戦闘機、『トップガン』を象徴するシーンがいくつも映し出され、代表的な『トップガン』のメロディが流れるともう興奮は抑えることはできない。

今回、コミコンにサプライズ登壇を果たしたトムは、想い入れ深い本作を「僕にとって、『トップガン』とは、競い合い。『トップガン』とは家族。自らを捧げること。英雄的な勇気。それから、空を飛ぶこと。僕は空を飛ぶことを愛してやまない。映画は、空を飛ぶことへのラブレターかもしれない。」と自信をみなぎらせ語った。

マーヴェリックよ、また新たな伝説を楽しみにしている。YES!!!!では、随時本作を追っかけていきたい。

公式サイト : https://topgunmovie.jp/

■監督   :ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』
■脚本   :クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル:フォールアウト』 
■製作   :ジェリー・ブラッカイマー『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、トム・クルーズ
■キャスト :トム・クルーズ、エド・ハリス、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、ヴァル・キルマー
■全米公開 :6月26日(金)
■原題   :Top Gun Maverick
■配給   :東和ピクチャーズ


ⓒ2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る