CINEMA 2019.07.19

水陸最強生物”ワニ”との究極サバイバル・スリラー!映画『クロール ―凶暴領域―』日本公開が決定!

プロデューサー サム・ライミが新たに仕掛ける、究極の極限状態のサバイバルスリラー『クロール ―凶暴領域―』が10月11日(金)より日本公開が決定した。

サメを遥かに超える獰猛さを持ち、水陸で人間に襲い掛かる水陸最強の捕食生物=ワニと、巨大ハリケーンという絶対に生存不可能な最恐最悪の状況下に置かれる主人公ヘイリー。

主人公ヘイリー役は、2019年カルティエの新モデルに抜擢され、『メイズ・ランナー』シリーズや、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のニューヒロインなどめざましい活躍のカヤ・スコデラリオ。そして、彼女の父親役には『プライベート・ライアン』などで知られるバリー・ペッパーが務める。



予告では、最大級のハリケーンに襲われたフロリダの避難区域で父を探しにきた女性ヘイリーが、浸水のタイムリミットが迫る中、  地球最強の捕食生物=ワニと対峙する――。
誰も助けに来ない最悪の状況の中、果たしてヘイリーはワニの巣窟と化してしまった思い出の我が家から、生きて脱出することが出来るのか・・・一瞬たりとも気の抜けない緊張感MAXな展開と、心臓が爆発寸前の究極のサバイバルスリラーに期待値は高まるばかりだ。

公式サイト : https://crawlmovie.jp/



映画『クロール ―凶暴領域―』 あらすじ

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、彼女もまた、何ものかによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう・・・。

■監督:アレクサンドル・アジャ
■製作:サム・ライミ 
■キャスト:カヤ・スコデラリオ、バリー・ペッパー
■全米公開:7月12日(金) ■PG-12
■原題:Crawl 
■配給:東和ピクチャーズ


ⓒ 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る