CINEMA 2019.07.17

圧倒的映像美で蘇る、映画『アポロ11 完全版』 7月19日(金)より109シネマズ二子玉川ほかで緊急公開が決定!

1969年7月20日、アポロ11号が人類初となる月面着陸に成功して50年――。

アメリカ公文書記録管理局(NARA)とNASAにより発掘された超秘蔵映像と音源を4Kリマスター映像で描くドキュメンタリー映画『アポロ11 完全版』が7月19日(金)より109シネマズ二子玉川ほかで緊急公開される。

NARAとNASAにより新たに発掘された、70㎜フィルムのアーカイブ映像や11,000時間以上もの音声データを基に制作。
ロケットの発射前から、月面着陸、そして地球生還までの9日間を詳細に捉え、4Kリマスターにより50年前の映像とは思えないほどの圧倒的な迫力と美しさを誇る、映画館で観るために作られた映画といっても過言ではない。

そもそもアポロ11号の月面着陸とは、1961年 冷戦下の米ソ宇宙開発競争の中、アメリカではジョン・F・ケネディ大統領の下、人類を月に到達させる”アポロ計画”というプロジェクトが進められていた。
幾度もの失敗を経て、アポロ11号は1969年7月16日、ニール・アームストロング船長、マイケル・コリンズ、バズ・オルドリンの3人の宇宙飛行士を乗せ、地球を旅立った。



7月20日に月に到着し、アームストロング船長の有名な「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な躍進だ」という言葉と共にアポロ11号は人類史上初の月面着陸を成し遂げた。
その後、7月24日に地球へ無事生還。全世界で約5億人がその偉業を見守ったと言われている。


本作の息を呑むような映像美で、謎に満ちた宇宙の神秘に触れてみてはいかがだろうか。

公式HP : http://apollo11-movie.jp

■監督・編集・プロデューサー:トッド・ダグラス・ミラー
■出演:ニール・アームストロング、バズ・オルドリン、ジャネット・アームストロング
    マイケル・コリンズ、ジャック・ベニー 他
■アメリカ/英語/93分/原題:APOLLO 11/G
■配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES


COPYRIGHT © 2019 MOON COLLECTORS LLC
© 2018 moon collectors llc. all rights reserved © 2019 Universal Studios. All Rights Reserved


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)

 
 
MUSIC 2019.07.25

映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の主題歌にGLAY書下ろし新曲が決定!

11月に公開される日中合作の『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は、プロデューサーに『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛けるテレンス・チャンを迎え、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる”ヒマラヤの鬼”と呼ばれる隊長・ジャン(役所広司)が、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメントだ。 そして今回、本作の日本語吹替版主題歌が、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYの書下ろし新曲『氷の翼』に決定した。 作詞・作曲を担当したTAKUROは「過酷な運命から目をそらさず受け入れないといけないし、それでも人は自然の一部として生きていかなければならない、と言う事を意識して制作しております。」とコメント。 印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感を最大限に煽る。アクション要素と人間ドラマ、映像美といった本作の魅力を見事に融合させ表現した楽曲で、25年もの間、第一線で活躍し続けるGLAYの真骨頂がいかんなく発揮されている。 公式サイト : http://over-everest.asmik-ace.co.jp/   映画『オーバー・エベレスト

…もっと見る