YES!!!は、全てをポジティブに、楽しく、明るい情報を日々お届けします!
こんな時代だからこそ、この世の中をもっともっと楽しんでいただけるように!

RECOMMEND

NEW
EVENT 2019.08.26

お寺でダンスミュージックに酔いしれる斬新な音楽フェス「煩悩 #BornNow」が渋谷で初開催決定!

お寺で開催される斬新な音楽フェス「煩悩 #BornNow」が、9月15日(日)に渋谷(南命山無量寿院善光寺)に「煩悩 #BornNow 2019」として初上陸することが決定した。

「煩悩 #BornNow」は、2016年にスタートして今年で4年目。HIPHOPや四つ打ちなどのダンスミュージックをメインとした音楽フェス。"パーティーのフロアに立って好きな音楽に体を揺らし、『今、自分はここに存在する』ということを自覚した瞬間、僕たちはここに〈生まれる〉" というコンセプトから「煩悩 #BornNow」と名付けられ、過去には東京都文京区、神奈川県鎌倉市、千葉県松戸市のお寺で開催、多くの音楽ファンを魅了してきた。

その斬新な企画性と社会的意義が認められ、今年度はAbemaTVで配信されているバラエティ番組「10億円会議 supported by 日本財団」にて、Zeebraなど審査員らの賛同のもと、第一弾助成金交付プロジェクトとして採択。一般社団法人渋谷未来デザインの後援のもと、「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」と連携して開催される。


待望の渋⾕初上陸となる「煩悩 #BornNow 2019」のテーマは "夢うつつ"。東京を拠点に活動するハウスミュージック・ コレクティヴ/パーティー〈CYK〉に所属する・Kotsuや、『(495)367-2945』のPVを〈tokyovitamin〉からリリー スしたばかりの⾳楽プロデューサー/DJ・LITTLE DEAD GIRLなど、シーンの「今」を体現するアーティストが集結する 。プロジェクションマッピングを⽤いた映像演出によって時間とともに⽣き物のように姿を変えるお寺の境内の情景も魅 ⼒の⼀つだ。
 
【開催概要】

■公演名:煩悩 #BornNow 2019

■日程:2019年9月15日(日)
    開場 15:00 開演 15:00 終演 21:00 (予定)※雨天決行・荒天中止

■会場:南命山無量寿院善光寺(東京都港区北青山三丁目5番17号)

■チケット:1,000円(税込)

■販売サイト: https://bornnow20190915.peatix.com
※未成年入場可能、年齢確認のため、ご入場時に顔写真付きの身分証明書をご提示ください
※小学生以下入場無料

■参加アーティスト:dosing/Kotsu(CYK)/KEIZOmachine!/LITTLE DEAD GIRL(tokyovitamin)/RHYME/Yon Yon/WAKON/and more...!!
 

ライター:目黒 晴彦(YES!!!!編集部)

…もっと見る

NEW
EVENT 2019.08.26

国内最大規模のストリートダンスの祭典『Shibuya StreetDance Week 2019』開催決定!

2019年11月11日(月)~11月17日(日)渋谷の街がダンスで彩られる!?ストリートダンスの祭典『Shibuya StreetDance Week 2019』の開催が決定。

『Shibuya StreetDance Week 2019』は、幅広い層に支持される新しい芸術文化としてのストリートダンスの確立と、ストリートダンサーの聖地である渋谷から世界へ良質なエンターテインメントを発信し、渋谷をより活力に溢れた街にすることを目的に、2015年からスタートした国内最大規模のストリートダンスの祭典だ。自己表現の手段として、またコミュニケーション・ツールとしてのダンスの力に注目が集まる中、「表現者(ダンサー)」・「参加者(オーディエンス)」・「舞台(ステージ)」をひとつに繋ぐ様々なプログラムを実施している。今年もダンスキャラバンやダンススタジオとの連携ワークショップなど、渋谷の街をダンスで彩る多様なプログラムを展開、フィナーレを飾るメインイベントは、11月17日 (日)代々木公園で開催される。

詳細情報などは決定次第発表されるとのことなので、公式HPをチェックしよう。
公式サイト:http://www.streetdanceweek.jp
 
【『Shibuya StreetDance Week 2019』開催概要】




■会期:2019年11月11日(月)~ 11月17日(日)
     渋谷エリアで様々なプログラムを展開
    ※メインイベント(11月17日)は雨天決行、荒天中止(雨天時は内容を変更して実施予定)
    ※プログラム詳細は決定次第公式サイトにて随時お知らせいたします。
■会場:メインイベント:代々木公園(野外ステージ・イベント広場)
    ダンスキャラバン:渋谷エリア商業施設 他
    フリーワークショップ:studio mission
    連携プログラム:CLUB HARLEM、Shibuya eggman 他
■入場料・参加費:無料
■主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 / Shibuya StreetDance Week 実行委員会
■助成・協力:東京都
■後援:公益財団法人東京都公園協会、一般財団法人渋谷区観光協会、東京商工会議所渋谷支部、商店街振興組合原宿表参道欅会
■協力:studio mission、CLUB HARLEM、Shibuya eggman
■企画・制作・運営:株式会社パルコ、ファイブメディット株式会社
■制作協力:株式会社アノマリー、株式会社LAST TRAIN GETTER、株式会社ODORIBA、株式会社ワタナベエンターテインメント、株式会社ライジングプロダクション
■事務局:Shibuya StreetDance Week 事務局(ファイブメディット株式会社内) 
     TEL:03-6450-3670(10:00〜17:00※土日祝日除く)/MAIL:info@streetdanceweek.jp
■公式サイト:http://www.streetdanceweek.jp


ライター:目黒 晴彦(YES!!!!編集部)

…もっと見る

CINEMA 2019.08.24

声優界のレジェンド 江原正士×山寺宏一がダブルでウィル・スミス役に! スペシャルビジュアルも公開

10月より公開される映画『ジェミニマン』は、最新技術により主演のウィル・スミスが暗殺者ヘンリー(現在のウィル・スミス)と秘密裏に作られた自身のクローン(20代のウィル・スミス)の一人二役に挑戦している近未来アクションエンターテイメントだ。

”ウィル・スミスvs若きウィル・スミス”という衝撃の対決を描いた本作の日本語吹替版では、現在のヘンリーを江原正士、若きヘンリーを山寺宏一が演じることに決定。さらに、江原×山寺が勇ましい表情で向かい合うスペシャルビジュアルも公開された。

ウィル・スミスの日本語吹替ですっかり耳なじみとなっているのが、江原正士(『メン・イン・ブラック』シリーズ、『ハンコック』(08)など)、そして山寺宏一(『インデペンデンス・デイ』(96・地上波版)、『アラジン』(19)など)の2人。
輝かしいキャリアを誇る2人が、同じDNAを持ちながら別々の環境で、違う人格に育った2人のウィルの微妙な個性の違いを見事に演じ分ける。

2人は今回の起用に自信をのぞかせるコメントをしている。

・江原正士
「もう長く山寺くんとは共に演ってきていますが、ひとつの作品で、年代こそ違え同じ俳優さんを吹き替えるのは初めてですから、皆さんに楽しんで頂けることを確信しております。」

・山寺宏一
「この映画の設定と、相手が江原さんと聞いて、非常に納得してこれはナイスアイデアだと思いました。凄く面白いニュアンスのものができるんじゃないかと楽しみになりました」

この作品でしか実現しなかったともいえる夢の共演に、本作の上映がさらに盛り上がること間違いないだろう。

公式サイト : geminiman.jp 

■監督:アン・リー(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 
■製作:ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)
■出演:ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライブ・オーウェン、ベネディクト・ウォン 
■配給:東和ピクチャーズ




ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 

…もっと見る

ENTERTAINMENT 2019.08.23

よゐこのYouTubeチャンネルが開設3ヶ月で登録者数17万人突破!​YouTube「シルバークリエイターアワード」受賞

お笑いコンビ・よゐこのYouTubeチャンネル「よゐこチャンネル」のチャンネル登録者数が開設3ヶ月で17万人を突破し、YouTubeが実施する「YouTubeパートナーアワード」における「シルバークリエイターアワード」を受賞した。
昨日、8月22日(木)21時より生配信された動画「よゐこがプラモデル作ります」にて、受賞記念に送られる「銀の盾」の開封の様子を公開した。


 
【よゐこ コメント】

■銀の盾を頂いて

濱口:10万人いっても認められないと頂けないとのことなので、めちゃくちゃありがたいですね。登録者数100万人いって泣いてしまうという方の気持ちがわかりました。ホンマにみんなが見てくれてるから貰えんねやとわかった瞬間に、ちょっとウルッときかけたんで、これ100万人超えたら泣きますね。

有野:僕は100万人の盾いただいたら、YouTubeのCEOのスーザンさんに会いに行って「ありがとう!」と直接言いたいです。んで、一緒にたこ焼きパーティーやりたいかな。

濱口:スーザンに会いに行きたいですね。金の盾を貰える時は日本まで送ってもらわなくていいので、僕らが直接もらいにスーザンのところに行きます!
もし送ってきたら一度送り返して、スーザンのところに貰いに行きます(笑)

有野:二度手間やな〜。スーザンさんがCEOのうちに貰いに行かなあかんね。でも、どこに居てはるんやろ?コメントで送って欲しいな。

■ファンの皆様のおかげで銀の盾を獲得できましたが

濱口:めちゃくちゃ嬉しいですよね。オッサンが夜中に遊んでるだけなのに(笑)

有野:YouTubeのテンポ感、一切ないからな(笑)銀の盾もらった時にサンテレビのTシャツ着てもうてるもんな。この服でネットニュースに出るの恥ずかしいなー。

濱口:でも本当に嬉しいですね。皆さんのおかげですね。視聴者の方から「作業してる時に聴いてます」とかTwitterでコメントもらうんですよ。テレビに出させてもらってもコメントをもらうことってあまりないんですけど、こうやって反響があるのは嬉しいですね。

有野:この短期間で頂けたことが有り難いですね。ただ、思ったより早くて怖いです(笑)これからも、見てる間は日常の事を忘れて、翌日には何やってはったっけ?って忘れる位の、後に残らへんけど楽しいことを話す場にしていきたいですね。
 
【よゐこチャンネル】
中学生時代からの付き合いになるよゐこのお二人が、47歳になった今、新たな遊び場として開設した公式YouTubeチャンネルです。2019年5月30日(木)の開設から約3ヶ月で、チャンネル登録者数は17万人を突破。毎週木曜21時から生配信でお届けしている本チャンネルは、自由すぎる企画と仲の良いふたりのまったりとしたトークが特徴で、見ているだけで笑顔になれると人気を集めています。

■チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCRYWF2XsVvwvSqMrK4FXz3g


ライター:目黒 晴彦(YES!!!!編集部)

…もっと見る

OTHER 2019.08.23

【体験レポート】秋を感じる期間限定の月見ピザは新感覚も味わえる?!

どうも、YES!!!!編集部のコヤマです。

夏は加減を知らず、容赦なく暑さと湿気をまき散らす日々が続いていますが、暦上ではまもなく秋の訪れがやってくる時期になってきました。
秋といえば色んなものを連想しますが、"月見"も欠かせないワードではないでしょうか。

ピザハットでは、 8月19日より期間限定で発売している、"中秋の名月"にお月見を楽しむ風習にちなみ開発したという『プルとろ月見ピザ』と『ポクてり月見ピザ』の試食会を開催していたので、筆者も参加してきた。

 
通算5000万枚以上を突破した「特うまプルコギ」が超進化!





まずは『プルとろ月見ピザ』をいただくことに。こちらはピザハットの定番商品『特うまプルコギ』と、溢れる肉汁が好評の『炭火焼豚トロ醤油マヨ』の2つのおいしさに、“月見”となる半熟卵黄風ソースを組み合わせた一品。

『特うまプルコギ』は、これまでに通算5000万枚以上が提供されているピザハット不動のNo.1商品。「ピザハットと言えばプルコギ」「プルコギこそ史上」といった声が上がるなど、プルコギ中毒者が日本中にいるといっても過言ではない。

そんな人気ピザをバージョンアップさせたということで、食べる前からすでにウマい。目の前にあるだけでウマい。口に入れたら絶対ウマいに決まってる。

そして、いよいよ実食・・・こりゃ激ウマい!

お馴染みの『特うまプルコギ』が超進化、卵黄風ソースが濃厚な味をさらに際立たせている。すべてがパーフェクトマッチ、ありがとうプルコギ。これからもよろしくプルコギ!

続いて、余韻に浸りながらも『炭火焼 豚トロ醤油マヨ』を手に取りお口へGO!炭火の香ばしい香りに食欲をそそられる、味はもちろん抜群だ。醤油マヨネーズとソースは、同じ卵同志とあって言わずもがな相性良し。どちらもお肉の旨味が最大限に引き出されていた。

 
ピザなのにさっぱりした新感覚の『ポクてり月見ピザ』





『フレッシュモッツァレラとローストポーク』と『直火焼テリマヨチキン』の 2 つのピザに、同様に半熟卵黄風ソースがかけられている一品。

『フレッシュモッツァレラとローストポーク』は、歯切れの良いローストポークにアスパラガスが添えられたピザで、一口食べてみるとレモンの風味が口いっぱいに広がり、ピザなのにさっぱりしているという不思議な感覚に襲われた。

筆者は草食系男子であるが、ピザを注文するときだけは野性味あふれるジューシーさを重視したものを頼むため、この新感覚のおかげでピザの持つ奥深さを知ることが出来た。

最後に食べた『直火焼テリマヨチキン』は、あえて何も触れないでおこう。だって、テリマヨと卵黄風ソースが合わないわけがないのだから。

 
デザインもカワイイ、月見限定BOXは9月1日(月)から!

全ての味を堪能させていただき、筆者としては最初に食べた『特うまプルコギ』が一番であったが、どれも間違いない旨味の組み合わせとなっているのでぜひ食べてみてほしい。

一人で食べるもよし、家族で食べるもよし、友人と皆でパーティーするもよし。どんな場面でも人々のテンションを上げてくれるピザには、もはや感謝しかない。

ちなみに、9月1日(月)から風情を感じられるデザインの月見限定BOXで届けられる。期間限定なので、見れた人はラッキーだ。
※一部実施しない店舗があります。


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)

…もっと見る

MAGAZINE 2019.08.20

舞台『ハイキュー!!』新作公演が決定! 新たなるライバル達との激闘を描く

8月19日は“ハイキュー!!の日”であるということで、シリーズ8作目となる新作公演・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞の製作発表が行われた。

『ハイキュー!!』は、幼い頃に見た〝小さな巨人〟に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽と天才プレイヤー・影山飛雄を軸に、仲間と共に春の高校バレー全国大会を目指し、数々の強敵と切磋琢磨するストーリーだ。週刊少年ジャンプにて絶賛連載中の大人気漫画で、個性あるキャラクター達が少しずつ成長する姿と、胸を打つ名言の数々に時に涙してしまう。

11月1日(金)より東京・大阪・宮城・東京凱旋の4会場にて上演される〝飛翔〞では、日向翔陽役の醍醐虎汰朗をはじめとする「新生烏野」がついに始動。春の高校バレー全国大会に備える烏野高校排球部のメンバーが、それぞれ新たな強敵と出会い成長していくストーリーが展開される。

会見には、新生烏野の日向翔陽役・醍醐虎汰朗と影山飛雄役・赤名竜之輔が扮装姿で、そし演出・脚本のウォーリー木下が登壇。まずウォーリーが今作について「演劇『ハイキュー!!』は、毎公演チャレンジをしようということをテーマに掲げています。今作はここ最近で一番大きなチャレンジです。もちろん不安もありますが、新生烏野のメンバーはとても若くて、みんな真っ直ぐに演劇が好きな感じが伝わってくる。この俳優さんたちとなら、今までとは全く違う新しい挑戦ができるなとワクワクしています。このワクワクは初演の時を思い出します」と熱く語る。

今作から演劇「ハイキュー!!」に参加する醍醐は自身が演じる日向翔陽について「すごくポジティブ。今作で描かれるのは壁にぶつかるところだと思うのですが、そこでも凹まずに、くじけずに、前を向いている人なので、そこは大切にしていきたい」、赤名は自身が演じる影山飛雄について「僕は彼をひとりの男として尊敬しています。1年生でレギュラーでセッターというポジションにかかる期待に常に応え続けている人なので」とそれぞれ話した。



会見では原作者・古舘春一が描き下ろした「飛翔」のタイトル入りの応援イラストが出演者にプレゼントされ、これには3人も大感激。
「こんな贅沢なことはない」(醍醐)、「先生にもぜひ楽しんでもらえる公演をつくりたい」(赤名)、「『飛翔』という言葉には、日向『翔』陽と影山『飛』雄の名前が入っている。それを先生が描いてくださって、頑張ってと言っていただいているようでとても嬉しいです」(ウォーリー)と喜びを爆発させた。

最後にウォーリーから「今まで劇中で『繋ぐ』という言葉がよく出てきたのですが、今作では『託す』という言葉が出てきます。新しい劇団「ハイキュー!!」のメンバーには、今回の公演で託すことのおもしろさを見つけてもらえると、素敵な景色が見られるんじゃないかと思います」と新キャストへの激励の言葉が送られた。

公式サイト : http://www.engeki-haikyu.com/
 

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞 公演概要

■原作    : 古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
■演出・脚本 : ウォーリー木下
■音楽    : 和田俊輔

<公演期間・劇場>
東京   : 2019年11月1日(金)〜11月4日(月・休)  TOKYO DOME CITY HALL
大阪   : 2019年11月9日(土)〜16日(土)  大阪メルパルクホール
宮城   : 2019年11月22日(金)〜24日(日)  多賀城市民会館 大ホール
東京凱旋 : 2019年12月6日(金)〜15日(日)  日本青年館ホール

<チケット情報>
東京・東京凱旋公演  S席 : 9,000 円 A席:7,000 円(全席指定・税込)
大阪・宮城公演      : 9,000円(全席指定・税込)

<チケットに関するお問い合わせ>
サンライズプロモーション東京 TEL : 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)

<公演に関するお問い合わせ>
ネルケプランニング TEL : 03-3715-5624(平日11:00~18:00)

ⓒ古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)

…もっと見る

MAGAZINE 2019.08.19

「ダッシュ――!」ノブコブ吉村が吼える、漫画『キングダム』を未読の通称❝未ングダム❞達に喝! 

今年4月に公開された映画版『キングダム』は、動員数400万人以上、興行収入53億円突破と超メガヒット作に。
そんな週刊ヤングジャンプで連載中の漫画『キングダム』(原泰久/作)最新刊55巻発売記念企画として、WEB動画『未ングダム』が本日より公開された。

『未ングダム』は全3編構成となっており、『キングダム』1巻から5巻を対象にした、未ングダム第一章「王都奪還編」を本日公開。以降、8月21日(水)正午に6巻から10巻を対象にした第二章「信、初陣編」、8月23日(金)正午に11巻から16巻を対象にした第三章「馬陽攻防編」の公開を予定している。

この動画は、『キングダム』を未だ読んだことがない人たちを対象に、漫画の醍醐味である【物語の展開におけるワクワクや興奮を誰かと共有すること】を念頭に制作されており、大のキングダムファンである平成ノブシコブシ・吉村崇、元乃木坂46・若月佑美、こりゃめでてーな・伊藤こう大が司会進行役を務めている。

そして、トレンディエンジェル・たかし、モデル・山賀琴子、タレント・山田親太朗など、総勢9名が『キングダム』を未だ読んだことがない人々、通称"未ングダム"として出演。



動画では「「俺は中華を統一する最初の王になる!」」と秦の大王・嬴政のコスプレに身を包みながら暑苦しく叫ぶ吉村が、"未ングダム"の9名に早速1~5巻をダッシュで読むように指示するところからはじまる。

読み終わった"未ングダム"達は、すでにキングダム熱を帯びている様子で、「心に残った名台詞」というトークテーマで、フリップに書いた台詞を基に、実際の漫画のコマを交えながら熱い議論を繰り広げた。

以降の二章・三章では、"未ングダム"一同から「読みたい!!コール」が巻き起こるほど、どっぷりハマってしまう様子が映し出されるという。
随時公開されるので、こちらも是非とも楽しみにしていただきたい。

筆者もキングダムは愛読しており、毎週木曜日のヤングジャンプ発売が待ち遠しい読者である。
読んでいないと人生の半分を損している、とは言わないが、読んで損することはない作品だ。これを機会に作品に触れてみてはいかがだろうか。

特設サイト : https://youngjump.jp/kingdom/mingdom/



ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 

…もっと見る

MAGAZINE 2019.07.30

キン肉マンの軌跡を振り返る!「キン肉マン 友情の40周年展」大阪・東京・名古屋で開催決定!

79年から連載を開始し、日本中で大ブームを巻き起こしたプロレス&ギャグ漫画の傑作「キン肉マン」は、コミックスシリーズ累計7,500万部を誇り、現在も週プレNEWSで好評連載中の人気作品だ。そんなキン肉マンが、連載開始から今年で40年目を迎えることを記念して「キン肉マン友情の40周年展」を、大阪を皮切りに東京・名古屋と三都市で開催することが決定した。会場では、デビュー作から最新作までのカラーイラスト、貴重な原画など100点以上を展示。「ゆでたまご先生の歴史」「キン肉マンと戦った超人たち」「命をかけた戦いの軌跡」「友情パワー」「新章 新たなる戦い!」「懐かしいお宝グッズ」「フォトスポット」など、ファン必見の展示の数々を楽しむことができる。

【作者プロフィール&略歴】
“ゆでたまご”は原作者・嶋田隆司、作画・中井義則の合同ペンネーム。ともに大阪府出身で小学校の同級生。小学生の頃からマンガを描き始め、高校生になると本格的にマンガ家を目指す。小学生時代に嶋田が描いた同名マンガをベースとして制作、応募した『キン肉マン』で、第9回赤塚賞に準入選、デビューのきっかけとなる。

・1974年『ラーメン屋のトンやん』で近鉄漫画賞に入賞
・1978年『キン肉マン』で第9回赤塚賞準入選
・1979年「週刊少年ジャンプ」(集英社)で『キン肉マン』を連載開始
・1983年には同テレビアニメ放映スタート
・1985年『キン肉マン』が小学館漫画賞受賞
・1998年『キン肉マンII世』を「週刊プレイボーイ」(集英社)で連載開始
・2011年から「週プレNEWS」にて『キン肉マン』本編新章スタート、現在好評連載中


;ゆでたまご/集英社
 
【開催概要】
大阪:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9階催会場
 ■期間  :2019年9月18日(水)〜9月24日(火)
 ■開場時間:午前10時〜午後8時(最終入場は閉場の30分前まで/最終日は午後5時閉場)
 ■入場料 :一般〜大学生 1,300円 中学〜高校生 800円 小学生以下 無料
         ・ 近鉄クレジットカード(外商カード)、KIPSカード、近鉄友の会カード、ハルカスシニアパスポート、ハルカスキッズクラブカ
           ードのご提示で一般・大学生、中学・高校生は200円引きにてご入場いただけます。
         ・「障がい者手帳各種」ご提示で、ご本人様とご同伴1名様まで無料でご入場いただけます。
 ■会場住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 ■お問い合わせ:あべのハルカス近鉄本店 06-6624-1111(代表)

東京:東武百貨店池袋店 8階催事場
 ■期間  :2019年10月16日(水)〜10月29日(火)
 ■開場時間:午前10時〜午後8時(最終入場は閉場の30分前まで/最終日は午後6時閉場)
 ■入場料 :一般〜大学生 1,300円 中学〜高校生 800円 小学生以下 無料
         ・ 東武カード、東武友の会会員証、ロイヤルカードのご提示で一般・大学生、中学・高校生は200円引きにてご入場いただけます。
         ・「障がい者手帳各種」ご提示で、ご本人様とご同伴1名様まで無料でご入場いただけます。
 ■会場住所:東京都豊島区西池袋1-1-25
 ■お問い合わせ:東武百貨店池袋店 03-5951-8189(直通)

名古屋:名古屋パルコ 西館6階パルコギャラリー
 ■期間:2019年11月23日(土)〜12月8日(日)
 ■開場時間:午前10時〜午後9時(最終入場は閉場の30分前まで)
 ■入場料:一般〜大学生 1,300円 中学〜高校生 800円 小学生以下 無料
        ・  パルコ株主、JFR株主ご本人様及びお連れ様1名まで無料
        ・ 障がい・療育手帳ご提示でご本人様と介添え者1名様まで無料
        ・ パルコのアプリ『ポケットパルコ』ご提示で100円引き
 ■会場住所:愛知県名古屋市中区栄3-29-1
 ■お問い合わせ:名古屋パルコ 052-264-8111(代表)
【主催】:株式会社三栄
【協力】:株式会社集英社/有限会社たまご企画/東映アニメーション株式会社(50音順)
【公式ホームページ】http://www.sun-a.com/sp/40/



ライター:目黒 晴彦(YES!!!!編集部)

…もっと見る

MAGAZINE 2019.07.22

舞台「幽☆遊☆白書」 待望のキャラクタービジュアルが解禁!!!

8月28日(水)の東京公演からはじまる、舞台『幽☆遊☆白書』のキャラクタービジュアルが解禁された。

『幽☆遊☆白書』とは冨樫義博原作の漫画で、コミック累計発行部数は5,000万部を越え、日本国内のみならず、世界各国でも人気を博している大人気の作品である。

今回解禁されたのは、各キャラクターの個性あふれる大興奮間違いなしのビジュアルで、浦飯幽助(崎山つばさ)、桑原和真(郷本直也)、蔵馬(鈴木拡樹)、飛影(橋本祥平)、コエンマ(荒木宏文)や、雪村螢子(未来)、浦飯温子(角島美緒)、ぼたん(平田裕香)、剛鬼(新田健太)、幻海(エリザベス・マリー)と豪華なキャラクターの面々。





さらに、WOWOWとニコニコ生放送にて、愛知大千穐楽公演の生中継も決定した。
舞台で暴れまわる幽助たちの物語が非常に楽しみである!

公式サイト : http://officeendless.com/sp/yuhaku/


舞台「幽☆遊☆白書」公演概要

<日程/会場>
■東京公演:2019年8月28日(水)~9月2日(月)/シアター1010
■大阪公演:2019年9月4日(水)~9月8日(日)/森ノ宮ピロティホール
■福岡公演:2019年9月10日(火)~9月13日(金)/ももちパレス
■愛知公演:2019年9月20日(金)~9月22日(日)/一宮市民会館

<キャスト>
浦飯幽助:崎山つばさ桑原和真:郷本直也蔵馬:鈴木拡樹飛影:橋本祥平
雪村螢子:未来浦飯温子:角島美緒ぼたん:平田裕香剛鬼:新田健太幻海:エリザベス・マリー
コエンマ:荒木宏文

<スタッフ>
原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
脚本・演出:御笠ノ忠次
主催:舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会


愛知大千穐楽公演 WOWOW&ニコニコ生放送

【WOWOW】
〇番組名:『大千秋楽生中継!舞台「幽☆遊☆白書」』
〇放送日時:2019年9月22日(日)16時~終了時間未定WOWOWプライム
○番組ページ:WOWOW 舞台「幽☆遊☆白書」番組ページhttps://www.wowow.co.jp/yuhaku/
〇視聴方法:
■ネット加入なら24時間受付中!「WOWOWステージ」で検索https://www.wowow.co.jp/join/index.html
※お申込みの際、アンケートにて「ステージ」ジャンル「幽☆遊☆白書」をお選びください。
■お電話での加入も受付中! 0120-808-422(午前9:00~夜9:00 年中無休)
※お電話の際、「『幽☆遊☆白書』が見たい」とお伝えください。

【ニコニコ生放送】
〇番組名:舞台「幽☆遊☆白書」9.22千穐楽ニコニコ生中継
〇日時:2019年9月22日(日)16:00~終了時間未定
〇視聴URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv320962015
〇視聴方法:
本番組の後半は、プレミアム会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要です。

;Yoshihiro Togashi 1990年-1994年


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)

…もっと見る

MAGAZINE 2019.07.16

あの名物キャラクター達の誕生秘話も語られた・・・!週刊少年チャンピオン創刊50周年記念イベント

創刊50周年記念日である2019年7月15日(月・祝)に、「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」(略称「創刊50周年大感謝祭」)が秋葉原UDXギャラリーにて開催された。

1日限りの貴重な本イベントは、「ドリームプロジェクト」としてクラウドファンディングを実施して募った資金で、読者みんなの夢が実現した展示エリアと、現・編集長 武川新吾や前・編集長 沢考史と『バキ道』作者・板垣恵介や『弱虫ペダル』作者・渡辺航など超豪華な作家陣が登壇したトークイベントが実施された。


展示エリアは読者の夢がつまった空間に!



展示エリアに入るとお出迎えしてくれるのは、『弱虫ペダル』より絶大な人気を誇るキャラクター・御堂筋翔くんの特大バルーン。時折腕を動かしながら、特徴的な長い舌を垂れ下げ、その威圧感は誌面で描かれている御堂筋くんそのものだ。

中へ進むと、現在からこれまでの連載作品で登場した人物や名シーンがリアルに再現された空間となっている。『フルアヘッド!ココ』(作者・米原秀幸)の”赤髑髏のピアス”や『ブラック・ジャック』(作者・手塚治虫)の”ピノコの料理(真っ黒に焦げたパン)”など、どれも読者にとって懐かしさが込み上げてきたのではないだろうか。



筆者個人としては、『バキ道』のコーナーに置かれていた主人公・範馬刃牙が強すぎるがゆえに、街中の不良達から腹いせとして落書きされた自宅が、超精巧なジオラマとして再現されたものが目を引き、この家で巻き起こった数々のドラマを思い出した。


現役連載作家が夢の競演!あの名キャラクター達の誕生秘話も



「創刊50周年大感謝祭」のステージコンテンツとしてまず行われたのが、前・編集長 沢考史、『バキ道』作者・板垣恵介、『覚悟のススメ』作者・山口貴由によるスペシャル対談だ。

板垣と山口は、今や伝説となっている小池一夫劇画村塾の出身で、長く親交があり、板垣が6期性で山口が5期性だった。山口が「凄い後輩が入ってきたと噂になっていたんですよ。板垣は矢沢永吉をベースにしたような人だった。」と語ると板垣は、「読者としては漫画が好きだったけど、描き手としての意識はなかった。だけど、自衛隊に入隊していた時に矢沢さんの『成りあがり』を読んで、こんな生き方をしてみてぇ!と思って選んだのが漫画家だった。」と矢沢を意識していたことが判明すると、会場では笑いが起こった。

続いて板垣と山口に加え、『弱虫ペダル』作者の渡辺航も加わった、それぞれの作品におけるキャラメーキング秘話がトークテーマとして行われた。



板垣は主人公・刃牙について、「灰汁の強い、毒っ気のあるキャラクターを描くのは好きだった。花山薫や独歩は簡単に描けたんだけど、これが主人公じゃ売れないと思っていて、そこで女の子のようなキレイな顔をしている、顔がキレイなキャラクターを描こうという結論に達した。画家でイラストレーターのおおた慶文さんの模写から初めて、刃牙の顔が生まれた。」と誕生秘話が語られ、会場からはどよめきが起こった。

続いて渡辺が『弱虫ペダル』の御堂筋翔について、「第一話から名前だけは出ていたキャラで、最初はサイボーグみたいな完璧人間という設定だったが、ネームを書き始めたときに”どんな奴が一番怖いか?”と考えたとき、”何を考えてるかわからないやつが一番怖い”という結論に至った。そこで表情が読めないという意味でお面みたいな顔で作っていった。」と語った。当時編集を担当していた現・編集長の武川へダメもとで送ってみたところ、「いいよ。」と返事をもらい、どんどんイメージが膨れていったと語った。



最後に山口による『覚悟のススメ』主人公・葉隠覚悟について、「自分の出身地に特攻服を着ている人が多くて、そういう人をたくさん見てきた。どっかでそういう人たちに憧れていたのかもしれない、葉隠覚悟のシロラン(白い学ラン)はそこからきている。」と語った。

貴重なエピソードの数々に筆者も思わず聞き入ってしまうほど、夢のような時間であった。
トークイベントの合間のフリータイムでは、今回のイベントに運良く当選し招待された読者が各先生のもとへ駆け寄る場面も。本当に、ファンにとっては最高の時間を過ごせたに違いない。

60周年・70周年と続くであろう作者と編集者の熱意が詰まった週刊少年チャンピオン。
これからも毎週木曜日が楽しみだ。


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)
 

…もっと見る

MAGAZINE 2019.07.12

歓喜、、、小畑健が11年ぶりに「DEATH NOTE」の新作読切を発表!

2003年に大場つぐみと小畑健のタッグによって世に放たれた漫画『DEATH NOTE(デスノート)』。単行本12巻の累計発行部数は全世界3,000万部を超え、日本が誇るマンガカルチャーの代表格ともいえる作品だ。

名前を書いた人間を死に至らしめる”DEATH NOTE”を巡って巻き起こる超頭脳戦、そのストーリーは語るまでもなく、お茶の間に浸透しているだろう。

そして今回、週刊少年ジャンプ 2008年11号に掲載された特別読切編以来、実に11年ぶりとなる新作読切が発表された。
嬉しいことに新作読切は全87ページとなっており、明日7月13日(土)AM0:00より、新作読み切りのネームと2008年11号の特別読切が「少年ジャンプ+」にて公開される。



さらに、明日より小畑健の画業30周年を記念した原画展「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」が東京・アーツ千代田3331にて開催。なんとそこでは約500点近くのオリジナル原画やラフ・ネームだけでなく、新作読切の10ページ分の原画が先行公開されている。
今後は新潟と大阪会場での巡回展も決まっており、会場ごとに新作読切の原稿が追加される予定だ。

本日行われた内覧会では小畑本人も登壇し、新作読切について「前回の連載とはまったく違うものになっています。”DEATH NOTE”というのは、拾った人がどう使うかでまったく違う話になるんだと感じました。それが自分自身にとって新鮮です。」と語った。


筆者も今夜日付が変わると同時に公開されるネームがすでに待ち遠しい!

公式サイト: https://nevercomplete.jp


「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」 開催概要

名称   : 「小畑健展 NEVER COMPLETE」
会期   : 2019年7月13日(土)~8月12日(月)
時間   : 10:00~17:00
       ※毎週金・土曜日と7月14日(日)は20:00まで
       ※最終入場は閉場の30分前まで   
会場   : アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6-11-14)
料金   : (当日料金)一般・学生1500円、中学・高校生800円、小学生600円
       ※すべて税込み ※未就学児無料
主催   : 集英社、朝日新聞社
企画協力 : 週刊少年ジャンプ、ジャンプスクエア
協賛   : 共同印刷、ローソンエンタテイメント

;SS,TO ;HO ;TT,TO ,YA,TO ;NE,TO ;NO ;KK / S


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)

…もっと見る

MAGAZINE 2019.07.09

少年心を忘れない、大人たちよ集え!『おとなのジャンプ酒場』が7/11(木)から歌舞伎町にオープン!

/集英社 ;宮下あきら/集英社 NSP 1985 ;車田正美/集英社
スタジオ/集英社 ;武論尊 ・ 原哲夫/NSP 1983 年心を忘れない、大人たちよ集え!

2018年に創刊50周年を迎え、これまで数々の名作を生みだしてきた「週刊少年ジャンプ」。昨年の50周年企画では様々な催しが行われたのが記憶に新しい。
この度、80年代ジャンプ読者のための夢の店『おとなのジャンプ酒場』が7月11日(木)から新宿歌舞伎町にオープンする。

300万部から500 万部雑誌へと駆け上った80年代のジャンプファンは、今や社会の中枢を担う働き盛りの世代になっている。
『おとなのジャンプ酒場』では、そんな世代の少年心をくすぐる最高の場所といっても過言ではない。

筆者もかれこれ20年以上購読を続けており、今なお毎週月曜日を心待ちにしている。
今回特別に、一足先にお邪魔させていただいた。


;武論尊・原哲夫/NSP 1983 /集英社 ;北条司/NSP 1985

エレベーターを出たとたん、壁を埋め尽くす表紙ウォールに、一瞬でジャンプワールドに引きずり込まれてしまった。
中に入ると、ジャンプヒーロー揃い踏みの巨大壁画を始めとして、巨大フィギュア・フィギュアコレクション ・ マンガ家のお宝グッズ・・・
そして、84~88年まで出版された全250冊の本誌を実際に手に取って読むことができる!(※席に持っていくことは不可)




ファンにとってはたまらない空間に加えて、さらにオリジナルのコラボメニューも用意されている。
例えば、ドラゴンボールからは”ドラゴンミートボール”、北斗の拳からは”炎のシュレンの炙り肉寿司”、キン肉マンからは”マッスル・ドッキング・バーガー”など、各作品からインスパイアされた料理の数々に、あの頃のジャンプ読者なら一度は訪れたい店舗になっている。


/集英社 ;えんどコイチ/集英社 NSP 1982 ;北条司/NSP 1985 タジオ/集英社 ;森田まさのり/集英社


『おとなのジャンプ酒場』は随所に楽しめる要素がちりばめられており、何度でも足を運んでしまいたくなる。
今のところ1年間の営業を予定しているとのことなので、ぜひ行ってみてはいかがだろうか?


『おとなのジャンプ酒場』 概要

店名  :『おとなのジャンプ 酒場』
期間  :2019 年7 月11 日(木)~1 年間限定営業予定
営業時間:平日 17:00~23:00(L.O : 22:30) 土日祝 14:00~23:00(L.O : 23:30)
場所  :東京都新宿区歌舞伎町1-18-9 WaMall 歌舞伎町5F(席数:約60 席)
URL  :https://otonano-jumpsakaba.com


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)

…もっと見る

MAGAZINE 2019.07.01

週刊少年チャンピオンがまもなく創刊50周年!記念企画が続々とスタート!

「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」の内容が決定!

1969年7月15日の創刊から今年で50周年を迎え、これまで数々の名作品を世に送り出してきた『週刊少年チャンピオン』(編集長:武川新吾)が、”「必死こいて半世紀」”をキャッチフレーズに、ファンに向けてこれまでの感謝の思いを込めた「週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画」を実施している。

創刊50周年記念日である2019年7月15日(月・祝)に秋葉原UDXギャラリーで、記念企画の集大成として開催するイベント「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」(略称「創刊50周年大感謝祭」)の展示内容が決定した。

「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」に先立って実施した「セレクトマニフェスト」で、全13作品の作家が掲げた3つのマニフェストのうち、最も投票数の多かったマニフェストや、「ドリームプロジェクト」でクラウドファンディングを実施して募った資金で、みんなの夢を実現した「弱虫ペダル(渡辺航先生)」、「バキ道(板垣恵介先生)」、「吸血鬼すぐ死ぬ(盆ノ木至先生)」の展示物がある他、現在制作中の「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」(車田正美先生)に登場する十三番目の”黄金聖衣”の等身大立像などをお披露目される。

筆者は今でも毎週読者として連載を心待ちにしている身としては、この展示会には楽しみで仕方がない。
 
太っ腹なタダ読みスペースが登場!?「どっぷりタダ読み!チャンピオンSTATION」

さらにファン必見の情報なのだが、より「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」を盛り上げるため、「どっぷりタダ読み!チャンピオンSTATION」(略称「チャンピオンSTATION」)を、2019年7月8日(月)~7月14日(日)に、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードで実施される。

「チャンピオンSTATION」とは、表紙とともに、キャラクターや週刊少年チャンピオンの想いがデザインされた壁や、チャンピオンロゴで構成された「特製チャンピオンシート」に座って、チャンピオンの世界観に浸りながら最新号を無料で読むことができるスポットのことだ。
なんということでしょう、こんな素敵スペースが出現するとは・・・ここに立ち寄らずしてチャンピオン読者と言えるのだろうか?

その他にも「週刊少年チャンピオン」の表紙の中に入って撮影できる、週刊少年チャンピオン表紙型フォトスポットもあるので、帰る際に記念撮影も忘れずに撮っていただきたい。

なお、当日現場のスタッフさんは刃牙の花山薫や弱虫ペダルの小野田坂道などの人気キャラクターに扮してお出迎えしてくれるそうだ。
興奮のあまり騒ぎすぎると、もしかしたら花山の握撃を食らわされることになるかもしれない。その点は注意しよう!
 
■「週刊少年チャンピオン 創刊50 周年大感謝祭」 開催概要

・日時:2019 年7 月15 日(月・祝日) 11:00~18:00
・場所:秋葉原UDX ギャラリー(東京都千代田区外神田4-14-1)
・内容:「セレクトマニフェスト」各作家投票1 位マニフェストのお披露目
    「ドリームプロジェクト」作家の夢のお披露目
    「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」に登場する
    「蛇遣座」の”黄金聖衣”の等身大立像をお披露目
    「チャリティーオークション」結果ボード
     歴代の「週刊少年チャンピオン」50 冊の表紙を展示
     来場者がメッセージを自由に書き込める「メッセージボード」を設置
     ※展示物はすべて撮影が可能です。
     ※内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・入場料:無料

展示物の詳細などは、公式HPを確認ください。
「週刊少年チャンピオン 創刊50 周年大感謝祭」特設ページ:https://weeklychamp.com/event/
 
■「どっぷりタダ読み!チャンピオンSTATION」 開催概要
・日時:2019 年7 月8 日(月)~7 月14 日(日) 10:00~17:00
・場所:東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード
・内容:週刊少年チャンピオン試し読みブース
    巨大週刊少年チャンピオンフォトスポット
    ▼50 年間の週刊少年チャンピオンの表紙が並ぶ「試し読みブース」
    50 年間の週刊少年チャンピオンの歴代表紙を振り返りながら、最新号の本誌を試し読みできるスポットです。
    表紙とともに、キャラクターや週刊少年チャンピオンの想いがデザインされた壁や、
    チャンピオンロゴで構成された「特製チャンピオンシート」に座って、
    チャンピオンの世界観に浸りながら読むことができます。

    ▼週刊少年チャンピオンの中に入れる!?「巨大週刊少年チャンピオンフォトスポット」
     創刊50 周年を記念して、「週刊少年チャンピオン」の表紙の中に入れるフォトスポットを設置します。
     人気キャラクターに囲まれて、自分が表紙を飾る“巨大週刊少年チャンピオン”を撮影できます。

    ▼スタッフはあの作品のコスチュームでお出迎え当日のスタッフは、
     「グラップラー刃牙」(板垣恵介先生)の花山薫、
     「弱虫ペダル」(渡辺航先生)の小野田坂道などのコスチュームでお出迎えします。
    ※「チャンピオンSTATION」に関する、駅、係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

 
■週刊少年チャンピオンについて

週刊少年チャンピオンは1969 年7 月15 日に隔週誌「少年チャンピオン」として創刊し、1970 年6月24 日より50 年間発行を続ける週刊少年漫画雑誌。黄色と黒のチェッカーフラッグ柄のシルクハットにヒゲがトレードマークの「少チャン」がマスコットキャラクター。他の週刊少年誌と比較して、自由な作風と特徴ある作品が生まれやすく、作家の意向が強く反映された作品が多い。代表作に初期に「ブラック・ジャック」、「ドカベン」、「魔太郎がくる!!」、「バビル2世」、「キューティーハニー」、「恐怖新聞」、「がきデカ」、「マカロニほうれん荘」、「750 ライダー」、「エコエコアザラク」。そして、90 年代では「グラップラー刃牙」などの「刃牙シリーズ」、「浦安鉄筋家族」などの「浦安鉄筋家族シリーズ」が25 年を越えて連載され、「シャカリキ!」、「フルアヘッド!ココ」、「覚悟のススメ」を連載。そして2000 年に入ってからは「弱虫ペダル」をはじめ、「聖闘士星矢NEXT DIMENSION 冥王神話」、「侵略!イカ娘」、「みつどもえ」、「吸血鬼すぐ死ぬ」、「実は私は」、「クローバー」、「シュガーレス」、「六道の悪女たち」、「魔入りました!入間くん」、「ANGEL VOICE」、「ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~」、「BEASTARS」などを連載。2019 年に迎えた創刊50 周年では「必死こいて半世紀」と題し、誌面でも歴史を振り返る企画を実施。「レジェンドインタビュー」と題し、過去の連載作家へのインタビューやリバイバル掲載企画では連載当時の代表エピソード1話を再掲載。7 月の創刊月には、様々な記念企画が盛りだくさんの創刊記念号も発売になる。


ライター:コヤマ ムサシ (YES!!!!編集部)

…もっと見る